心身両面で子どもを放射能から守る努力を--ナターシャ・グジー 歌手/バンドゥーラ奏者 

心身両面で子どもを放射能から守る努力を--ナターシャ・グジー 歌手/バンドゥーラ奏者 

「三日間避難してください。必要なものしか、持っていかないで。三日後に帰ってきます」

1986年4月27日。旧ソ連(現ウクライナ)のチェルノブイリ原子力発電所事故の翌日、原発から3・5キロメートル離れたプリピャチ市の市民に、このような避難命令が出された。当時6歳だったナターシャ・グジーさんは、二度と自宅に戻れず、数回の移住を余儀なくされ、周囲の子どもたちのはかなく、悲しい人生も目の当たりにする。

現在は日本滞在11年目で、ウクライナの民族楽器「バンドゥーラ」を手に歌手活動を続けるナターシャさん。彼女をはじめ、チェルノブイリ原発事故で被災した子どもたちは、その後どうなったのか。

──避難命令で家を離れてからは、どのような生活でしたか。

プリピャチから1000キロメートル離れた祖母が住む村に移り、その村の近くの街にまた移り、9月に小学校に入学。その後、首都キエフで事故被災者向けの住宅に移り、近くの小学校に転入しました。事故から約半年経った11月のことです。

──家族はどんな様子でしたか。

原発の職員だった父は、事故後も13年ほど働き続けました。キエフから120キロメートル離れた原発でひと月に2週間働き、その間は家を留守にしていました。母は父の健康をとても気にし、思い余ってよく夫婦げんかをしていました。事故前には一度も見たことがなかったのですが。

当時の父は事故処理を行い、その後も働き続けたため、ストレスがあったと思います。特に、プリピャチで住んでいた家が地中に埋められたことが大きかったように思えます。父はその作業を見ていたらしく、非常にショックだったそうです。母にも当分、埋められたことを言えなかったほどでしたから。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。