院長不在が長期化、無医地区続出の恐れ、被災地が抱える医療問題


 現在でこそ、全国から集まった日本赤十字社の医療チームが雄勝地区内の避難所や高齢者宅などを巡回し、簡単な診察や医薬品提供、安否確認を行っているものの、いつまでもこうした態勢が続く保証はない。

「仮設の診療所もないまま、医療チームが引き揚げたらどうなってしまうのか。住民の不安は大きい」と雄勝病院の看護師も指摘する。

こうした問題について、石巻市はどう考えているのか。前出の鷲見次長は「北上地区とはトンネル一つで近接している。両地区をつなぎ合わせることは可能だ」と説明する。だが、両地区を結ぶ新北上大橋は津波で落ちており通行不能。北上地区の橋浦診療所にたどり着くには、津波による被害を受けた土手の砂利道を通り、上流の飯野川橋を経由して15キロメートル近くも迂回しなければならない。そもそも、両地区の間を結ぶ公共交通機関は存在しない。


ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。