院長不在が長期化、無医地区続出の恐れ、被災地が抱える医療問題


 地区住民の森谷喜三さん(79)は震災前、1カ月に1度、本吉病院に通院していた。血圧が高いうえ、ぜんそくや前立腺肥大を患う喜三さんにとって、本吉病院は不可欠な存在。「病院がなくなったらたいへんなことになる」と妻のとし子さんは心配する。とし子さんも震災前、JR気仙沼線で市中心部の気仙沼市立病院に通院していたが、津波による被害で気仙沼線は不通に。現在も運行再開のメドはまったく立っておらず、通院の手段を失った。

本吉地区の認知症対応グループホーム「リアスの杜」職員の熊谷微笑香さん(38)にとっても、本吉病院の存続は切実な問題だ。「容態が急変した高齢の入居者を、車で30分もかかる気仙沼市立病院まで連れて行くのは大変。本吉病院の入院機能を回復してほしい」と熊谷さんは話す。

石巻市雄勝地区では医療機関が消滅

東日本大震災では、多くの病院や診療所が甚大な被害を受けた。岩手県立高田病院(岩手県陸前高田市)や公立志津川病院(宮城県南三陸町)、石巻市立病院(宮城県石巻市)などは津波による被害が大きく、診療機能停止に追い込まれた。石巻市立雄勝病院(石巻市)では、入院患者40人全員が死亡または行方不明。院長、副院長、薬剤科部長ら多くの職員が死亡する惨事に見舞われた。

その後、診療機能を失った病院が所在する地域の一部では、「無医地区」と化す懸念が強まっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 住みよさランキング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT