院長不在が長期化、無医地区続出の恐れ、被災地が抱える医療問題


 地区住民の森谷喜三さん(79)は震災前、1カ月に1度、本吉病院に通院していた。血圧が高いうえ、ぜんそくや前立腺肥大を患う喜三さんにとって、本吉病院は不可欠な存在。「病院がなくなったらたいへんなことになる」と妻のとし子さんは心配する。とし子さんも震災前、JR気仙沼線で市中心部の気仙沼市立病院に通院していたが、津波による被害で気仙沼線は不通に。現在も運行再開のメドはまったく立っておらず、通院の手段を失った。

本吉地区の認知症対応グループホーム「リアスの杜」職員の熊谷微笑香さん(38)にとっても、本吉病院の存続は切実な問題だ。「容態が急変した高齢の入居者を、車で30分もかかる気仙沼市立病院まで連れて行くのは大変。本吉病院の入院機能を回復してほしい」と熊谷さんは話す。

石巻市雄勝地区では医療機関が消滅

東日本大震災では、多くの病院や診療所が甚大な被害を受けた。岩手県立高田病院(岩手県陸前高田市)や公立志津川病院(宮城県南三陸町)、石巻市立病院(宮城県石巻市)などは津波による被害が大きく、診療機能停止に追い込まれた。石巻市立雄勝病院(石巻市)では、入院患者40人全員が死亡または行方不明。院長、副院長、薬剤科部長ら多くの職員が死亡する惨事に見舞われた。

その後、診療機能を失った病院が所在する地域の一部では、「無医地区」と化す懸念が強まっている。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。