大谷翔平、世界一になっても燃え尽きない凄い理由 WBC日本代表のヘッドコーチが語る実像

拡大
縮小
大谷翔平
WBC優勝を果たし、トロフィーを掲げる大谷翔平選手(写真:AP/アフロ)
メジャーリーグでMVPを取り、WBCで世界一になった大谷翔平選手ですが、満足することなく先頭を走り続けています。なぜそれができるのでしょうか。WBC日本代表のヘッドコーチだった白井一幸氏が解説します。
※本稿は白井氏の新著『侍ジャパンヘッドコーチの最強の組織をつくるすごい思考法』から一部抜粋・再構成したものです。

個々人の選手がどれだけ主体的に取り組めるかが重要

チームビルディングとはチームのマインドをつくることです。選手のマインドにアプローチするのはメンタルコーチングです。わたしはチームと選手のマインドそれぞれにいつも意識して関わっています。

チームマインドをいくら醸成しても、最後は個々人の選手がどれだけ主体的に取り組めるかに達成はかかっています。ゴールに到達しようとする際、大事なのはやはり選手のマインドです。どこをめざしているのか? そのために何をするのか? 今していることは効果的か?

人間ですから、怠惰になることもあれば、感情的に他人に当たってしまうこともあります。そんなときでも、どんな成果、結果を出したいのか? そのために何をしたらいいのか? 選手はすべて自分の中で意思決定していくわけです。ゴールに向かっているかどうか。自分がどういうスタンスで生きていくのか。選手一人ひとりのあり方がチームとしてめざすところに向かっているといい関係が築けて、いい結果が生まれます。

では、選手はどういうマインドになればいいのか?

次ページその答えは?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT