「5月に売れ」は、ホントに終わったのか

日本株の「下落警戒レベル」を考える

【5月7日(木)】NYダウは、86ドル安の1万7841ドルと続落。米FRBには9月の利上げ観測。イエレン議長は、米国株に対して「一般的にかなり割高、潜在的な危険性がある」と発言。日経平均は、239円安の1万9291円と大幅安で1カ月ぶり安値。

箱根小涌園を運営している藤田観光が大変だ……

しかし、Sell in Mayで売った(4月17日に220円で3万株)双日(2768)は、12時半に平成27年3月期の決算が発表され、期末配当が1円増配されて3.5円(通期は2.5円+3.5円=6円)8円高の241円と逆行高で、まさかの年初来高値更新。期末配当の権利は取っているので、うれしい増配発表だったが、早く売り過ぎたかな。双日の今期配当予想は、4円+4円の年間8円と連続増配予想。

一方、箱根山噴火警戒レベルが2に上昇し、箱根小涌園を経営している藤田観光(9722)が40円安(8.49%)の431円と大幅安。藤田観光は、4月23日に480円で8000株(保有株全部)売っていたので、助かったけど、Sell in Mayとは関係ないと思う。

【5月8日(金)】NYダウは、82ドル高の1万7924ドル。双日は、17円高の258円と大幅高。優待保有銘柄のマルハニチロ(1333)は、125円高(7.64%で値上がり率10位)の1761円と大幅高。今期78.4%の営業増益の見通しを好感した。週末の日経平均は、87円高の1万9379円と反発。

【5月9日(土)】午前3時、日経225先物は、280円高の1万9660円と大幅高。米、雇用統計発表を好感し、NYダウは、267ドル高の1万8191ドル。1ドルは、119.80円、1ユーロは134.21円。このGW中、日経平均は先物も含めると、最大で約1000円下がった(2万0100円から1万9100円)が、Sell in Mayで売ったDCMホールディングスと双日は逆行高してしまった。株式投資って本当に難しい。

米著名投資家のバフェットさんやFRBのイエレン議長は、米国株は割高と言ったり、ギリシャのデフォルト懸念がある中でも堅調な株式マーケット。箱根山じゃないけど、日本株の下落警戒レベルは、2に上昇?

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
沸騰! 再開発バトル<br>「不動産好況」はいつまで続く

東京をはじめ、地方都市でも活況が続く都市再開発。人口減少時代に過剰感はないのか。ベンチャーの聖地を争う東急・三井両不動産、再開発で「浮かんだ街・沈んだ街」、制度を巧みに使う地上げ最新手法など、多方面から街の表と裏の顔を探る。