「バービー炎上」で気になるアメリカの原爆教育 「原爆投下は必要だった」という議論に変化も

拡大
縮小
映画「バービー」のポスター
「原爆ミーム」に公式サイトが反応したことで炎上騒動になっている映画『バービー』。そもそもアメリカの人たちは原爆をどのように教えられているのだろうか(写真:Eric Thayer/Bloomberg)

映画『バービー』をめぐる原爆ミーム画像に日本人が怒りをあらわにしていることは、アメリカでも報じられてはいるが、実際のアメリカ人たちはどう受け止めているのだろうか。筆者がかつて住んでいた、ミシガン州の2人の現役社会科教師に今回インタビューしてわかったのは、「原爆によって戦争を終わらせることができた」というアメリカ側の正当性だけを教える教育に「変化」が訪れているということだ。

「無神経」という言葉では足りない愚劣な行為

「アメリカ人の1人として本当に恥ずかしい。日本の人々に謝罪したい。多数の市民の命を奪った原爆をジョークのネタにするなんて、何を考えているんだ。『無神経』という言葉ではとても足りない愚劣な行為に、私は激怒している。自分たちの無知さや傲慢さを世界中に晒す行為そのものだ」。

こう話すのは、中西部ミシガン州在住の高校教師、マーク・ポントニさん(67)。公立高校で「アメリカ史」や「世界史」などの授業を教えている。

そもそも、原爆や第二次世界大戦について、アメリカの公立学校の生徒たちが学ぶ機会は、どのぐらいあるのだろうか?

「ミシガン州の公立高校では『アメリカ史』は必修科目。『世界史』も合わせると、生徒たちは第二次大戦と原爆については、高校在学中に最低でも2科目を通して学ぶことになっている」とポントニさんは言う。 

授業では特に「第二次大戦時のモラル」に焦点を置き、ユニークな試みを行っている。その1つが、ハリー・トルーマン大統領を「戦争犯罪裁判」にかける、というもの。原爆投下を決断した同大統領は「戦争犯罪人か否か」を問う裁判で、生徒たちが証人や裁判官、検察官、弁護士や陪審員の役を担い、実際の法廷さながらの論議を、約7日間に渡って繰り広げる。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT