実は誕生から2世紀、「モノレール」知られざる歴史 初期は馬や蒸気機関車で運行、日本初はいつ?

拡大
縮小
ヴッパータール空中鉄道
現存する世界最古のモノレール営業路線、ドイツ・ヴッパータール空中鉄道(写真:enomoto/PIXTA)
この記事の画像を見る(8枚)

2022年は日本の「鉄道開業150年」ということで大いに盛り上がった。しかし、間もなく鉄道に関するもっと大きな節目が訪れる。イギリスのストックトンとダーリントン間で、蒸気機関車の牽引による世界初の実用的な鉄道が走ったのが1825年。それから200年目の2025年は、鉄道にとって大きな記念すべき年なのだ。

さらに、2024年も、ある乗り物が歴史に登場してから200年目ということで注目すべきだ。なにかといえば、モノレールである。モノレールとは1本レールの鉄道を意味し、技術的には大きく2種類に分類される。1本レールにまたがって走行する跨座(こざ)型モノレールと1本レールにぶら下がって走る懸垂型モノレールである。

モノレールは約200年前に誕生し、その後どのように発展したのか。その歴史を紹介しよう。

世界初のモノレール、動力は?

記録に残っている中で、世界で最初のモノレールとされるのは、1824年、イギリス人のヘンリー・パーマーという人物が、木材のレールと馬力を用いた貨物運搬用のモノレールをロンドンのテムズ川畔にあったデトフォード造船所に敷設したものである。レール上の車輪から左右に吊るした籠をいくつか連結し、地上を走る馬に牽引させる、非常に原始的なモノレールだった。

1888年には、アイルランドにリストール・バリーバニオン鉄道(Listowel and Ballybunion Railway)という蒸気機関車が牽引する延長約15kmの跨座型モノレール(フランス人技師のラルティグが開発したラルティグ式モノレール)が登場している。

同鉄道は1888年3月から1924年10月まで36年間にわたって運行され、海岸から内陸地へ砂を輸送するとともに旅客営業も行い、動力付きモノレールを用いた公共交通の先駆けとなった。しかし、乗心地の悪さや、軌道桁(線路)を支える支柱の構造上、通常の踏切を設置できないなどの難点があった。

Listowel and Ballybunion Railway
ラルティグ式モノレールのリストール・バリーバニオン鉄道(写真出典:『機械の研究~モノレールの技術的諸問題』)
次ページ現存最古の営業路線はドイツに
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT