熱海の土石流災害から2年、生かされない教訓 悪徳業者と責任放棄の行政が生み出した惨劇

拡大
縮小
土石流は逢初川を伝って流れた。道路から上流側には、いまでも大量の土嚢(どのう)が積まれたままになっている(静岡県熱海市、6月29日筆者撮影)
7月3日、静岡県熱海市の土石流災害発生から2年を迎えた。最大約45メートルまで積み上げられた盛土は豪雨で土石流と化し、家屋を次々となぎ倒し、28人の犠牲者を生んだ。
この災害を機に、「盛土規制法」がこの5月に施行されるなど、災害の防止に向けて一歩進んだが、いまだ法の規制が及ばない空白が存在している。
さらに、熱海市での盛土業者の傍若無人な振る舞いをなぜ止められなかったのかとの疑問は、いまだに解消されていない。当時の行政記録からは、解決のための決断を先送りし、責任を放棄してきた行政組織の姿が浮かび上がってくる。

 

6月29日、静岡県の熱海港七半岸壁に接岸した運搬船に、岸壁のフレコンバック(土嚢袋)が積み込まれている。約500立方メートル分を積むと、運搬船は千葉県市川市の土壌再利用センターに向かった。

6月28日、フレコンバッグに詰めこまれた汚染された残土はクレーンで運搬船に積み込まれた(写真:静岡県)

フレコンバッグの中身は、昨年秋、土石流の起点となった伊豆山の源頭部で見つかった2万8000立方メートルの取り残しの残土だ。環境基準の数倍の鉛と基準を超えるフッ素が検出された、いわゆる「汚染土」である。

筆者は、熱海の災害現場と残土の処理現場を何度か訪れている。フレコンバッグに詰める残土の色は黒褐色だった。伊豆山に埋められた残土を撮影した熱海市の公開写真を見ると、これも黒褐色である。

伊豆山に埋めた黒い土の「秘密」

静岡県の担当者は「建設発生土の地盤を固める時、固さが足りないので、現地で固化材を混ぜるよう指導したからだ」と答えた。しかし、熱海市の当時の職員がこう記録している。「(持ち込まれた)黒っぽい残土は、搬出元で安定のため、若干セメントを混ぜているかもしれない」(市公開文書)。

業者が熱海市に提出した「改良証明書」には、「熱海、伊豆山購入残土 この残土は、改良を施し一般残土とみなします」とあり、検査会社の名前は黒塗りされている(公開文書)。

「一般残土」という名称はないから、その実態は「改良土」らしい。重金属の溶出量を測った計量証明書は添付されていないから、とても正当な証明書とは思えない。それでも市はこれを受理した。

次ページもともと産廃混じりの汚染土だった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT