【独占手記】私が山上徹也との面会を決めた理由 公判をめぐって、おかしなことが起きている

拡大
縮小
山上徹也被告。(写真/共同)

甥の山上徹也が安倍晋三元首相を銃撃した2022年7月8日の事件から、まもなく1年が経とうとしている。

事件後、私はマスコミ関係者に事件の背景を説明してきた。徹也の幼い頃に父親(私の弟)が自死したことや、徹也の母親が旧統一教会に多額の献金をしたことが原因で一家が破産したこと、さらには障害者だった徹也の兄が将来を悲観して自死したことをなどである。そうした事件の背景を説明することが伯父としての社会的責任だと考えたからだ。

徹也の捜査は終了し起訴されたことで、私は、自分の任務を終えたと考えている。ところが事件から1年という節目が近づいているからか、最近、再びマスコミ関係者が私のところにやってくるようになった。その一つひとつに対応するつもりはないため、以下、徹也に関することを記しておくことにした。

海水浴場で見せた笑顔

まずは彼の少年・青年時代に触れておきたい。

彼の父親が自死したのは1984年、徹也が6歳の時だった。その翌年1985年の夏、私は徹也兄弟と私の息子3人を連れ、彼らの祖先である上人(僧侶)が建立した和歌山県内の寺院を訪れた。徹也兄弟の父親が眠っていることや、寺院を建立した上人のことを知っておいてほしかったからだ。

寺院を訪れた後、私たちは近くの静かな海水浴場に行き、しばらく遊泳した。浮き輪をつけて懸命に泳いでいたあのときの徹也の破顔は今でも鮮明に覚えている。その後の人生で抱えることになる苦難の道を露とも知らず、目は輝いていた。

次に徹也に会ったのは約10年後。母親が旧統一教会に多額の献金をしたことが原因で大学受験をあきらめ、公務員になるための専門学校に通いたいと援助を求めてきたのだ。私は徹也の希望をかなえようと、学費を援助することにした。

徹也は勉強して専門学校を修了し、希望していた消防士の試験を受けた。筆記試験は通ったものの、最後の身体検査で強度の近眼が問題となり、不合格となってしまう。

やむをえず徹也は海上自衛隊に入隊する。ところがこの時期、徹也は、実家にいた障害者の兄が極度の貧困状態に置かれていることを知る。一緒に暮らしていた母親は旧統一教会のイベントでたびたび韓国に行っており、残された兄は食べるものすらままならない状態に置かれていたのだ。

兄の境遇を知った徹也は自分の生命保険で救済しようと、自殺を図った。結局未遂に終わるのだが、徹也は兄のことについても、自分自身の将来についても光明が見いだせない状況に陥っていた。

次ページ兄の遺体に覆い被さって号泣した
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
【浪人で人生変わった】30歳から東大受験・浪人で逆転合格!その壮絶半生から得た学び
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT