今期5作も!「刑事ドラマ」はなぜ飽きられないのか 第1号から「相棒」「教場」まで歴史を紐解いて解説

拡大
縮小
刑事ドラマがいつの時代も愛されている理由とは(画像:フジテレビ公式HP
この記事の画像を見る(3枚)
刑事ドラマは、医療ドラマと並んで連続ドラマの定番中の定番だ。今期(2023年春~夏)も福山雅治主演『ラストマンー全盲の捜査官ー』(TBSテレビ系)や木村拓哉主演『風間公親-教場0-』(フジテレビ系)など、併せて5本もの新作刑事ドラマが放送されている。なぜ刑事ドラマはこれほど栄え続けるのか? 歴史をさかのぼりつつ、その理由を探ってみたい。(文中敬称略)

刑事ドラマは意外に自由で多彩

どの世代にも、記憶に残る刑事ドラマがあるのではないだろうか。古くは『七人の刑事』や『特別機動捜査隊』。そして『太陽にほえろ!』『Gメン’75』、さらには『あぶない刑事』『はぐれ刑事純情派』『踊る大捜査線』『相棒』など、主だったところだけでも数え挙げればきりがない。

刑事ドラマの骨格自体はきわめてシンプルだ。なにか事件が起こり、刑事たちが捜査の末に犯人を逮捕する。その事件解決にあたって刑事たちが披露する華麗なアクションや鋭い推理がクライマックスで、そこに私たちが感じる爽快感や鮮やかさが刑事ドラマの醍醐味であることは間違いない。

一方で、刑事ドラマは意外に多種多様でもある。今期放送の5本にも、そのことははっきり見て取れる。

次ページ刑事ドラマはなぜ幅の広い作風が可能なのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT