子どもの習い事は、「やめ時」が肝心!

空手、習字、サッカー…と増える一方

会場の方:うちも同じく、この春から年長に上がる息子がいるのですが、保育園に私が送っていくとき、すっごく時間がかかるんです。園に着いてからも、なかなか靴を脱がないし、お支度がなかなか終わらなくて。

でもこれを主人に言うと、「僕が連れて行くときは、そんなこと一度もないよ」とか言われるんです。母親に対してと、父親に対してと、子どもの態度にすごく差があって、わたしは損をしているような気持ちになるんですけれど。

(会場笑)

わたしの接し方がいけないんでしょうか? このまま放置していいのか迷っているんですが、いかがでしょうか?

「子育てに奥行きがある」のはよいこと

 

おおた:今、隣でAYUMIさんも「そうなの、そうなの!」って、すごくうなずいていらっしゃったので、こういうことがあるご家庭は多いのでしょうね。

お母さんとしてはすごく大変ですよね。「損している気分になる」というのは、もっともだと思います。

でも、母親と父親で子どもとの関係に違いがあるのは、「子育てに奥行きがある」ということだから、僕はいいことだと思うんです。

夫婦がまったく同じ価値観だと、子どもは「それが世界で唯一の正解」と思ってしまいます。そうではなく、いろんなことで夫婦の意見が食い違うことによって、「あ、これは僕はパパの考えに近いな」とか、「ここに関してはママのほうだ」というふうに考えられ、そういった体験を通して、子どもの個性というものができてくるはずなので。

そういう意味で、息子さんがお父さんとお母さんに対してそれぞれ違う接し方をするのも、「多様な対応ができる」という意味で、よいことではないでしょうか。

アンテナがすごくしっかりしていて、発信力もある息子さんなんだと思います。そのまま見守っていかれればいいのではないかと思いますよ。

 

(2015年3月21日開催、集英社「LEE暮らしのデザインカレッジ 子育てセミナー『子どものやる気の伸ばし方』」をもとに構成しました) 

 

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT