子どもの習い事は、「やめ時」が肝心!

空手、習字、サッカー…と増える一方

おおた:でもやっぱり「やる気を引き出す」という意味では、本人がやりたがることは、なんとか実現させてあげたいですよね。「サッカーをやりたい」というんだったらサッカーをやらせてあげる。これは親の基本的な姿勢として、必要だと思うんです。

ただそのときに、「やりたいのね、じゃあすぐやりましょう」というのではなく、少し考える時間を与えるのも必要かな、と思います。

「本当にサッカーをやりたいの? もうちょっと考えてみようか」といって、2週間後に気持ちが変わっていないか聞いてみる。さらにやりたい気持ちになっているかもしれないし、「あ、忘れてた」ということもあるかもしれない。そんなふうに、子どもの気持ちを確かめるのも手でしょうね。

エンディングをイメージして始める

おおた としまさ
育児教育ジャーナリスト。麻布中学・高校、上智大学を卒業後、株式会社リクルート入社。長男誕生後に「今子どもと共に過ごせなければ一生後悔する」と思い退職。現在は子育てや教育をテーマに執筆・講演活動を行う。新刊『名門校とは何か』(朝日新書)は書店新書ランキング1位獲得。12歳息子と9歳娘のパパ。

あとはもうひとつ、忘れがちですが重要なことがあります。

習い事を始めるときに、「どういう状態になったらやめるか」ということまで決めておくといいと思います。

明確なルールじゃなくてもいいんです。いったん「何年生までやる」とか「いついつの発表会まで頑張る」と決めて、そこまで行ったときに、続けるかやめるか、また判断をする。

そうしないとズルズルと続けることになり、結局ちょっと気持ちが落ち込んだときに「やめる」と言い出してやめる、というふうになりがちです。それはあまりよろしくないパターンなので、エンディングをイメージして始めるというのが、習い事を始めるときに、是非やっていただきたいことです。

――ここからは、会場の皆さんからの質問に対して、おおたさんにお答えいただこうと思います。何か聞いてみたい方はいらっしゃいますか?

会場の方:うちの子どもは5歳なんですが、文字がなかなか書けなかったんです。最近やっと少し興味を持ち始めて、名前を書いたり、お友達にお手紙を書いたりできるようになってきたんですけれど。

今年は年長さんなので、七夕のとき短冊に自分でお願いごとを書くんですね。今から「うちの子も書けるのかな?」って、すごく不安です(笑)。もっと文字に興味をもたせるには、どうすればいいでしょうか?

おおた:今度年長さんで、すでに自分の名前が書けるんですから、全然、焦らなくてもいいと思いますよ。これがもし、小学校2、3年生になってもまだ書けない、というのであれば「どうしよう」と考えなきゃいけないと思うんですけれど。

次ページ子どもは親の下心を見抜いている
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT