福士蒼汰「人気に実力伴わなかった」葛藤を経た今 長年勉強している英語を使い海外作品にも挑戦

拡大
縮小
福士蒼汰(撮影:今井康一)
2023年5月に30歳を迎えた俳優の福士蒼汰。かねて海外志向を口にしていたなか、ついに国際連続ドラマ「THE HEAD」Season2に出演し、念願の世界デビューを果たした。「第一歩のあとは二歩目、三歩目を」と俳優としてのステップを着実に踏んでいる、日本の若きトップスターの12年の俳優歴には「順風満帆だったが、自分の中では中身がなかった20代前半」と「順風満帆ではなかったが、充実した20代後半」があった。
この記事の画像を見る(4枚)

――ヨーロッパ最⼤級の制作会社による国際連続ドラマ、Huluオリジナル「THE HEAD」Season2に出演し、かねて目標としていた海外進出をついに実現しました。

20代のうちに海外作品に出演することが夢だったので、決まったときはすごくうれしくて。もちろん同時に責任やプレッシャーも感じましたが、それよりも「ようやく夢を叶えることができる」といううれしさのほうが強かったです。

中学生のときに英語に興味を持つ

――海外を目指したのにはきっかけがあったのでしょうか。

最初に意識したのは、小学校の中学年くらいのころ。地球儀の日本がすごく小さくて、小学生ながら外に出てみたいと強く思いました。中学生になって英語の授業が始まってからは、この言語を話せるようになったら、世界中の人たちと意思疎通ができると、英語に興味を持ちました。

俳優活動を始めたのは高校生になってから。俳優として海外作品に挑戦できたら、英語を使うこともできると考えたのです。

今思えば、俳優になる前から海外に興味があったのだと思います。英語もずっと好きで努力を続けてきました。

次ページ撮影現場ではどうだったか?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT