「法令遵守」的な対応が事態を悪化させる--『組織の思考が止まるとき』を書いた郷原信郎氏(弁護士、名城大学教授)に聞く

「法令遵守」的な対応が事態を悪化させる--『組織の思考が止まるとき』を書いた郷原信郎氏(弁護士、名城大学教授)に聞く

コンプライアンスとは「法令遵守」ではなく、「社会的要請への適応」と説く異色弁護士が、検察問題を入り口に、時代の変化に適合した組織のあり方を提示する。

──政府の東日本大震災対処での「もたつき」をどう見ますか。

機能停止、思考停止もいいところ。危機にこそ人と組織が試される。

情報はきちんと把握されていないし、ダメな国家組織、ダメな政府、ダメな内閣に任せておくと、こういうことになってしまう。これだけいろんなことを間違えてばかりいて、何を信じろというのか、という話になる。思考停止している組織には何事も任せられない。

──思考が停止している?

安定し、変化の乏しい世の中であれば、基本的に決められたことを守る、法令を遵守する、ということで済む。今の世の中は、安定期の社会環境を前提にしたシステムをまだ引きずってできているので、決められたこと、あるいは上の立場の人が決めたことだけを守ればいいという考え方に慣れ切ってしまっている。

だが、そういう考え方では、激しく変化する社会環境の中で生き残っていけない。組織として、その存在を維持することさえできなくなる。変化への思考を停止した結果だ。

──大震災がさらに変化を促そうとしています。

震災と原発事故はさらなる急激な変化を促した。ますます環境変化にセンシティブ(鋭敏)に反応できる組織になっていかないといけない。そういうことができる組織体制を作り上げないと、組織の運営に必要不可欠なコラボレーションの体制、センシティブに人や組織同士が互いに力を合わせることができるシステムにならない。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT