日本発!「人工知能画像検索エンジン」の挑戦

アドクオリティが開発中の技術とは?

KDDIムゲンラボ7期生の参加チーム。左から4人目がアドクオリティの松田総一CEO

わからないことや気になったワードをGoogleやヤフーの検索窓に打ち込んで探す。このときの情報は基本的にはテキストの情報だ。しかし、テレビや雑誌などで芸能人が身に着けていたバッグ、名前のわからない料理など、詳しい情報がないものを検索することは非常に難しい。世間にあふれる汎用品ならなおさらだ。

こうした不便さを解消できるサービスの開発を進めているのがAdd Quality(アドクオリティ)。松田総一CEOが2012年12月に立ち上げ、従業員6名で活動する同社は、人工知能をベースにした画像検索エンジン「Ingram(イングラム)」を開発中だ。イングラムのアプリで写真を撮影すると、画像を解析して商品を検索し、類似した商品を見つけ出したり、蓄積した情報をもとに洋服のコーディネートまで提案したりできるという。

イングラムは人間の頭脳に近い形で画像を認識できる人工知能のシステム。「バッグ」「スパゲティ」といった抽象的なものを学習することも可能だ。画像を見せると、物体の要素を切り出していく。たとえば、スパゲティのボロネーゼを見せると、ボロネーゼに加えて「カルボナーラ」「ラーメン」「タイの焼きそば」「ロブスターのビスク」といった要素が浮かび上がる。この中で最も確率が高いものが答えに選ばれる。人間の脳のように「ボロネーゼはこういうもの」といった定義を機械が学習していくため、正解に導くことができるという。

セブン&アイが支援

「今までの機械は、定義がはっきりしない、抽象的な作業ができなかった。ただ、人間が持つような力を機械に与えることで、より広範囲に色々な物を特定したり、調べることができるようになる」(松田CEO)。コーディネートについても「白のジャケットと青のパンツが合う」といったことを学習することで、組み合わせを提案できるというものだ。

アドクオリティはKDDIのベンチャー支援プログラム「∞labo(ムゲンラボ)」に7期生として参加し、今年1月に卒業している。ムゲンラボはこの7期からテレビ朝日、三井物産、コクヨといった大企業が支援の枠組みに加わっているが、アドクオリティの支援を担当したのが流通大手のセブン&アイホールイディングスだった。

次ページなぜセブン&アイが支援?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • スナックが呼んでいる
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。