「自動運転車」のカギを握る町工場の正体

GPSがない場所も自動走行できる技術を開発

ZMPを率いる谷口恒社長。茗荷谷のほかにも都内に2カ所、同規模の工場を持つ(撮影:尾形文繁)

創業14年のベンチャーが“自動車”の概念を変えようとしている。

東京・茗荷谷の住宅街の一角。民家のガレージを改装した工場内には、自動車やゴルフカートのような車両が並ぶ。いずれも人が操作しなくても走れる「自動運転車」である。手掛けるのは2001年に創業したZMPだ。

社員約50人の中小企業ながら、顧客リストには日本の大手自動車メーカーや部品会社が名を連ねる。2014年に米半導体大手インテルと資本提携。今年に入ってからも、コマツやソニーが立て続けに出資や共同開発をすると発表した。

GPSが使えない場所でも自動走行

各社が目をつけるのは、ZMPのSLAMという自動運転技術だ。通常、自動運転車は位置を確認するのにGPSを使うが、SLAMは自動車に搭載したカメラやレーダーなどを用いて周りの環境を推定。それを基に、次にどう行動すべきか人工知能を使って判断する。山間部など、GPSが使えない場所でも自動走行ができるのが強みだ。

ZMPにイメージセンサーを提供するソニーは、「自動運転分野に限らず、幅広い連携の可能性を視野に入れている」と期待を寄せる。

自動運転に対して世間の関心が集まりだしたのは、2010年に米グーグルが無人走行車「グーグルカー」構想を発表してから。その後、日本でも政府が2020年の自動運転車実用化を目標に掲げるなど、世界的に開発機運が高まっている。

次ページZMPの成長ビジョンは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT