韓国の「水かけフェス」がタイで超盛り上がる背景 K-POPにも数多くいるタイ出身アーティスト

拡大
縮小
タイでも人気の韓国アイドルSUNMIも参加した(写真提供:WATERBOMB JAPAN)

アジアのエンターテインメントシーンにおいて、いま熱い注目を集めているのがタイだ。コロナ禍の日本でBL系ドラマ『2gether』が女性層を中心に熱い人気を得ていたように、タイのエンタメ市場は近年アジアで存在界を高めつつあるのだ。

音楽に関していえば、タイは日本と同様にK-POPが2000年代初めから進出していた。洋楽とならぶメインストリームの人気ジャンルとして確立されており、昨今では国際的に活躍するBLACKPINKのリサやNCTのテンなど、人気グループにタイ出身メンバーが多いことも同国のK-POP熱をより高めている。

タイに韓国水かけフェスが初上陸

そうしたなかで、人気K-POPアーティストやDJが集結する韓国の水かけフェス『WATERBOMB』がタイに初上陸した。韓国で2015年から続く本フェスは、K-POPアイドル、HIP HOP、EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)、ダンスミュージックなど幅広いジャンルのTOPアーティストが集結する夏の恒例イベントだ。

これまでは韓国国内の開催だったが、初のアジアツアーが行われることとなり、その第1弾としてK-POP人気の下地があるバンコク(タイ)が選ばれた。4月13日〜14日に開催され、若い世代の観客たちが、会場となったバンコク郊外のサンダードームスタジアムを埋め尽くした。

『WATERBOMB』の特徴は、ビル5階ほどの高さの巨大なウォータースライダーや、水鉄砲の水汲み用に蛇口が並ぶ給水スペースが会場内に設けられるほか、T字型のステージの観客側の各所にウォーターキャノン、ウォーターガンが設置されること。屋外のスタジアムが、クラブとプールが並ぶレジャーランドに早変わりしたようなイメージだ。

次ページライブの様子
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT