夫22歳、妻42歳「授かり婚夫婦」結婚生活のリアル 大学生と社会人歴22年のカップルの日常とは

✎ 1〜 ✎ 237 ✎ 238 ✎ 239 ✎ 最新
拡大
縮小
妻42歳、夫22歳の年の差カップル。その自然体の生活とは?(イラスト:堀江篤史)
<夫22歳 大学生、この3月に卒業、院試に合格すれば大学院に進む予定、初婚。妻42歳 社会人歴22年以上、転職は何度も経験、今の仕事はもうすぐ丸3年、決して多くない年収、初婚。
2021年秋に出会い系サイトで知り合い、授かり婚。割と早い段階から子供ができたらいいねと話していたこともあり、歳の差や夫の学生結婚に対するハードルは当人同士はほぼ感じなかった>

今年のはじめに、本連載の出演申し込みフォームにこんな文面のメッセージが入った。簡潔にして客観的。知性を感じるとともに、新婦のほうが20歳年上というところがユニークだと思った。

結婚後、松本真紀さん(仮名、42歳)と健太さん(仮名、22歳)は東北地方の3LDKのマンションで暮らしている。真紀さんの母親が所有している物件なので管理費の支払いのみ。福祉関係の仕事をしている真紀さんの年収は300万円弱なので、大いに助かっているらしい。なお、健太さんの学費は両親が支払ってくれている。

見た目では判断されない出会い系サイトに救われた

Zoom画面の向こう側に並んでニコニコしている2人は、それぞれ年相応の外見である。特に健太さんは丸首のざっくりニットとメガネ姿はお洒落な学生そのものだ。妊娠中の真紀さんは自分の外見で思春期は「かなり悩んだ」と明かすが、出会い系サイトに救われたという。

「顔写真を載せないことで、見た目では判断されない出会いができます。大学時代にやはりネットで知り合った最初の恋人は私の内面をしっかり評価してくれました」

以来、主にネットを使って様々な男性と知り合って交際したと振り返る真紀さん。ただし、交際期間は長くても2年半で、自分から別れを告げることが多かった。

「一緒に生活をすることが想像できなくて、1週間ぐらい一緒にいると嫌になってしまっていました」

健太さんとの出会いもあるサイトだが、登録したのはコロナ禍が始まる前。その後、真紀さんは現在の職場に転職をし、仕事に慣れるためにサイトは放置していた。登録したことすら忘れていた頃、健太さんからのメッセージが送られてきた。

次ページしっかりした文章だったので返事をした
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT