「献立浮かばない日」、最初にやってほしいこと 「料理がしんどい」を楽にする3つのアプローチ

拡大
縮小
料理を毎日作ることがしんどいからといって、料理が嫌い、苦手というわけではないかもしれません(写真:mits/PIXTA)
コロナ禍で家庭での自炊頻度が高まった一方で、「自炊疲れ」の感覚も広く認知された近年。さらにこの春からは出社や対面の仕事が増加傾向で、仕事をしながら日々の炊事をどう繰り回すか、奮闘する人もますます増えています。
本稿では、『台所をひらく 料理の「こうあるべき」から自分をほどくヒント集』の著者であり、著名料理家や全国の台所を取材してきた人気フードライター白央篤司氏が、「料理は嫌いじゃないけど、しんどい日も結構ある……」という人に向けて、心もお腹も温かく満たすヒントを伝えます。

料理がつらいのは、料理が嫌い・苦手だからじゃない

料理を毎日するということは、自分の調子や機嫌と毎日向き合うということだ。昨日は難なくできたことが、今日はどうにも面倒くさい。ああ、人間にはなんで気持ちに波やムラがあるのだろう?

心に波のない穏やかな凪の日、私はじゃがいもや里芋の皮をむくことがちっとも面倒ではない。もやしのひげ根を取ることも、にんじんを細切りにしてキャロットラペを作ることも、ごぼうの繊細なささがきを作って牛肉の柳川にすることも、へいちゃらだ。

しかしひとたび荒波が起これば「食事の支度をしなくてはならない」という事実からが重い。こういうとき一般社会では「波乗り禁止」と誰かが判断してくれて「じゃあしょうがないよね」となるのだが、家事としての料理だとそうもいかない。

次ページ家事としての料理はゴールのない「遠泳」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT