カワサキ「ニンジャZX-4RR」型破りに高性能な訳 ひさびさの400cc・4気筒、700ccバイクを凌駕

拡大
縮小
カワサキのニンジャZX-4RR
第50回 東京モーターサイクルショーで国内初披露されたカワサキのニンジャZX-4RR(筆者撮影)

カワサキが発表した400ccのフルカウルスポーツ「ニンジャZX-4RR」が大きな注目を集めている。400ccクラスとして、ひさしぶりの4気筒エンジン搭載車。しかも250ccバイクがベースの軽い車体に、最大80psを発揮するパワーユニットを搭載し、より排気量が大きい700ccなどの2気筒スポーツバイクを凌駕する高性能が期待されている。

そんなカワサキの新型モデルがバイクの一大展示会「第50回 東京モーターサイクルショー」(2023年3月24~26日・東京ビッグサイト)で国内初披露された。カワサキのフルカウルスポーツモデル「ニンジャZX-R」シリーズに属するそのスタイルは、世界のレースで活躍するファクトリーレーサーを彷彿とさせる精悍なフォルムやカラーリングを採用。また、400ccとは思えないコンパクトな車体は、俊敏な走りを想起させることで、多くのスポーツバイク・ファンの視線を集めていた。

ここでは、大きな話題を呼んでいるニンジャZX-4RRについて、その性能や装備、特徴などを紹介。また、なぜ今、これほどまでに話題を呼んでいるのか、カワサキが400ccクラスに新型スポーツバイクを市場投入する狙いなどについても言及する。

ニンジャZX-Rシリーズや400cc4気筒の歴史

新型車ニンジャZX-4RR
正式な発売時期はアナウンスされていないが、今年発売されることが予想されている新型車ニンジャZX-4RR(写真:カワサキモータースジャパン)

新型のニンジャZX-4RRは、2輪最高峰レース「MotoGP(モトジーピー)」や、市販車ベースで競う世界最高峰レース「WSBK(スーパーバイク世界選手権)」を戦うレーシングマシンを彷彿とさせるスタイルを持ち、最新テクノロジーを投入した「スーパースポーツ」と呼ばれるジャンルに属するモデルだ。カワサキでは、同ジャンルにWSBKで戦うファクトリーマシンをモチーフとした1000ccの「ニンジャZX-10R」、600ccの「ニンジャZX-6R」、250ccの「ニンジャZX-25R SE」を擁するが、新型モデルは、それらの中間的ポジションとなる。

次ページ満を持して登場したニンジャZX-4RRの実力は?
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT