アンパンマン施設の「スルー対応」が悪手過ぎた訳 危機対応において「お答えしかねます」はご法度

拡大
縮小
神戸アンパンマンこどもミュージアム
「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」内部の様子(写真:同施設の公式サイトより)

ご質問にはお答えしかねます――。何か不祥事が起きた際、その対応についての回答を拒否する「スルー対応」は、企業にとって命取りになりかねません。

兵庫県の「神戸アンパンマンこどもミュージアム&モール」において、施設内の視覚障害者のための点字ブロックの中に、アンパンマンの顔が刻印された点状突起が交ざっていた問題。本件でもスルー対応が批判の的となってしまいました。

まずは今回の問題を振り返りましょう。

同施設では、さまざまな場所の点字ブロックに“隠れアンパンマン”のような仕掛けがあり、それを発見するのが子どもたちにとって1つのゲームのようになっていました。宮城県の「仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール」にも同じ仕掛けが施されています。

仙台アンパンマンこどもミュージアム
仙台のアンパンマンミュージアム。入り口にも点字ブロックが設置されている(東洋経済オンライン編集部撮影、一部画像加工しています)

この仕掛けは、訪れた子どもたちを楽しませたことでしょう。ただ、点字ブロックは遊戯設備でも装飾品でもなく、目の不自由な方のための安全誘導具です。点字ブロックの中に隠れているアンパンマンを探すため、子どもがしゃがみ込んでいると、視覚障害者の誘導がふさがれるだけでなく、子どもにつまずく危険性もあるという指摘の声が上がったのです。

これを受けて3月8日にインターネットニュースがミュージアムに見解を求めたところ、その約1週間後の13日に「ご質問にはお答えしかねます」とミュージアム側は回答。これが報道されると、一気に批判が燃え上がりました。

企業はなぜ「スルー」してしまうのか

ユニバーサルデザインが求められる時代において、視覚障害者だけでなく、ミュージアムのメインターゲットである子どもたちにも危険がおよぶかもしれない仕掛けに、批判が起こるのは当然のことながら、驚くのはこの件についてのミュージアム側の対応です。

指摘に対して堂々と回答拒否を告げてしまうという、スルー対応が問題でした。炎上はどんどん燃え上がり、一気に批判を集めてしまいました。

この炎上の翌日、ミュージアム側から再度ネットニュースに連絡があり、質問された4点について回答が届いたということです。残念ながら、その回答をもってしても炎上状態は収まらず、批判は燃え上がったままです。

次ページ「知床遊覧船沈没事故」のヤバすぎた対応
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT