実例で紹介「職場にいる嫌な上司」への撃退法2つ 「手柄は自分、ミスは部下」にどう対抗するか?

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3
拡大
縮小
パワハラ防止法以降、パワハラは減少したといいますが、嫌な人がいなくなったわけではありません(写真:mits/PIXTA)
改正労働施策総合推進法(通称パワハラ防止法)が施行され、大企業は2020年6月から、中小企業は22年4月から「ハラスメントへの防止措置」が義務づけられました。この結果、一時期と比べると、職場での「パワハラ」は減ってきましたが、完全になくなったわけではありません。「パワハラ」と認定されるまではいかなくとも、どの職場にも、必ず1人は「嫌な人」がいるものです。
弁護士の後藤千絵さんは、離婚や相続などの家事事件を中心に相談を受ける弁護士。近年は家族間の「モラハラ」だけでなく、職場やコミュニティでの「モラハラ」に関する悩み相談が増えていることから「職場の嫌な人による嫌がらせ行為」に悩む人たちのために、自分を守る「言葉の護身術」を考案しました。『職場の嫌な人から自分を守る言葉の護身術』(三笠書房)から一部をご紹介します。

前々回の記事では、「職場の嫌な人」の7つのタイプについて紹介いたしました(7つのタイプについてこちら

手柄を自分のものにする上司

さて、上司に手柄を横取りされたことがある人は、少なくないでしょう。せっかく下準備から根回しまで一生懸命やって成功したのに、「俺がやった」とばかりに上に報告する上司は、少なくありません。

残念ながら世の中には「手柄は自分のもの、失敗は部下のせい」という最低の上司がいるのです。

このような上司は、「もっとほめて! もっと認めて!」という承認欲求が高い「かまってちゃん」タイプに多いようです。こんな上司の下にいる限り、いつまでたっても、あなたの努力が日の目を見ないこともありえます。どうすればいいでしょうか?

《実例》
Nさんの上司Oさんは、「手柄を横取りする」典型的な嫌な上司でした。Nさんが1人で開拓した新規取引先に対して、Oさんは何のフォローもしませんでした。そのくせ、最後の契約のときだけは同行し、上にはあたかも自分が新規開拓したかのように報告をしたのです。
また、とくに質のいい優良な取引先だと判断すると、Nさんが担当だったにもかかわらず、なかば強引に自分を担当者にすることもありました。Oさんの手柄の横取りは、ある意味徹底していました。Oさんは、すべてそのやり方でのし上がってきたのです。
《言葉の護身術》
「この件、貸しですよ」と、軽く釘を刺す

Nさんとしては、Oさんに手柄を横取りされてばかりでは、面白くありません。そこでNさんが考えたのが「一言釘を刺しておく」という方法です。

次ページ上司への言い方のコツ
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT