男と女、大切なものがカラダのどこにあるか?

DNAが握る性差による仕事スタイルの違い

女性はカラダの中に大切なものがある。男性はカラダの外にある

村を維持する女性は、みんなと協調して長期的にチームを維持・発展させるのが仕事のスタイルです。大切なモノは今ある思いや共感や心配り、そして長期的な目線のプロセスです。すべて自分の体の「中」にあります。

それに対して、獲物を捕らえる男性は、獲物という短期的なターゲットを獲得・達成するのが仕事のスタイルです。大切なモノは、ゴール!ゴール!ゴール!ゴールから逆算するロジック、競争、そして短期的な目線の先にある結果です。獲得するものですから、体の「外」にあります。

そういうことを知っておけば、コミュニケーションもうまくいきます。女性は、体の中にある大切なモノを認められるとうれしいものです。仕事でも、心遣いや工夫など過程を褒められるほうが好き。男性は体の外にある大事なモノを自慢したい。仕事の成果、自分の能力、手に入れた高い腕時計(笑)などを褒められるとテンションが上がる傾向があります。

「Sympathy」と「Solution」

仕事の相談も同じです。体の中に大切なモノがある女性が相談で求めるのは、まずはSympathy(共感)です。一方、男性は体の外の大切なモノを獲得する生きものですから、Solution(解決策)から入ります。

女性なら「共感」、男性なら「解決策」を示すことがコミュニケーションのカギ

女性の相談に対して男性は、「そんなの、こうしてこうしてこうしたらいいんだよ(エヘン)」とか「相手も悪いけど、でもキミもこうしたほうがいいんじゃないの?」と、話を遮って解決策を語ってしまいがちです。

それに対して女性が「聞いて欲しかったのに」と怒ってすれ違ってしまうシーン、よくありますよね。女性からの相談があったら、男性はまず聞くことが鉄則です。男性からの相談には、ソリューションを提案する。それが難しいときは、過去の実績とか実力とかを上手に褒めておだてると、元気になってくれる可能性が高いようです。

もちろん、女性も男性も一人ひとり違いがあります。ひとつのパターンでくくってもいけないのですが、仕事のスタイルは男女それぞれの傾向があります。お互い大切なモノの在りかの違いを意識する――。そんな女性と男性のコラボが、これからのビジネスで重要になる気がします。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型ジムニー買っちゃった
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 最新の週刊東洋経済
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『0から1をつくる』を書いた<br>カーリング本橋麻里氏に聞く

カーリング人気萌芽の時代から、平昌五輪での銅メダル獲得まで戦い抜いてきた著者。リーダーとして代表チームを率いつつ、人生の一部としてカーリングを楽しめるにまで至った軌跡や、ママさんカーラーとして子育てで得た学びなどを語る。