私が保育園のママ友関係にふと感じた一抹の不安 漫画「赤い隣人~小さな泣き声が聞こえる」(第3回)

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
『赤い隣人』© 野原 広子/KADOKAWA

第25回手塚治虫文化賞短編賞受賞著者野原広子が描く「自覚のない虐待」。

小さな息子を連れて、新しい街に引っ越してきた希(のぞみ)。

赤い隣人~小さな泣き声が聞こえる (MF comic essay)
『赤い隣人~小さな泣き声が聞こえる』(KADOKAWA)。書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします

隣に住む「理想的な家庭」の主婦、千夏(ちか)と家族ぐるみで仲良くなるが、じわじわと千夏への違和感を感じていく。

おかしいのは私のほう?それとも千夏のほう?

幸せな家族に見えても、心の黒い穴は埋められない。

『消えたママ友』『今朝もあの子の夢を見た』『人生最大の失敗』を描いたイヤミス・コミックエッセイの第一人者、野原広子最新作。

赤い隣人』(KADOKAWA)より抜粋してご紹介します。

この記事の漫画を読む(13ページ)
野原 広子 イラストレーター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

のはら ひろこ / Hiroko Nohara

作品に『離婚してもいいですか?』『離婚してもいいですか? 翔子の場合』『ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望』『娘が学校に行きません 親子で迷った198日間』『ママ、今日からパートに出ます! 15年ぶりの再就職コミックエッセイ』『消えたママ友』(以上KADOKAWA)、『今日もあの子の夢を見た』『妻が口をきいてくれません』(以上集英社)、『人生最大の失敗』(オーバーラップ)

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT