ジャパ発音やボキャ貧もテクで克服できる!

コメディアンのKaoriさんから盗もう<1>

安河内:アメリカや世界へ進出するきっかけは?

Kaori:本場でスタンダップをやりたいという気持ちと失恋です。

安河内:失恋! そこ突っ込んでいいですか?

Kaori:アメリカに長くいた経験のある、とある日本人の俳優兼コメディアンとの失恋でした。彼は「英語のスタンダップを単独でやる日本人女性なんてどこ探してもいないんだから、絶対に続けろ」と励ましてくれた人でした。それと「東京だけでやっていても、スタンダップでスターにはなれない」とも言われました。彼がアメリカに帰ることになったのと、そのほか、女の直感もあって(笑)別れたんですが、向こうで活躍しているのを見て「こんちくしょう! 負けてたまるか!!」と闘志に火がついちゃって。まずは、スタンダップの本場のニューヨークに向かいました。

安河内:決心したからってすぐにステージには立てないですよね? 

地下鉄内でゲリラライブを敢行!!

Kaori:ニューヨークで活動した経験のある先輩芸人に、現地の日本人コメディアンや、プロデューサーを紹介してもらったりはしました。ただ、ニューヨークはオープンマイクもたくさんやっているので、飛び込みで参加もたくさんしましたよ。

それから、地下鉄の中で乗客に向けてスタンダップコメディをゲリラ的に披露もしました。リサーチした結果、ブルックリンブリッジを通る線は3~4分と比較的長い間ドアが開かないので、その区間を集中的に往復してやりました。いや、緊張しました! 橋を渡っているときの列車内がすっごくうるさいんです。アメリカのコメディクラブにはマイクがあるので声を張り上げる必要ってまずないんですが、地下鉄では久々に大声張り上げましたね。

安河内:ハンパないライブ感だったでしょうね。車内の反応は?

Kaori:一見無関心のようで、何気にちゃんと見て、聞いてくれてました。チップもくれる人もけっこういましたし。

安河内:ゲリラ的にスタンダップを披露するっていうのは、アポなしで営業トークするようなもの。しかも、場所が地下鉄の車内ってハードルの高さは相当です。そんな過酷な状況で英語を話すときも、もう今はブレーキがかからないですか?

Kaori:かからなくなりましたね。もちろん、自分の苦手な部分はわかっているんです。ボキャプラリーは少ないですし。でも、自分の英語力を全部受け入れた上で、印象に残る一言を、タイミングを逃さずに言えるようになりました。

安河内:すごい! 純ジャパなのに英語での外国人とのトークで彼らのハートをつかんじゃうんですから! そんな話術をどう手に入れたのかぜひ教えてください。

Kaori:OK! Here we go!!

次ページさあ特別動画でスピーキングのコツを掴もう!
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • カラダとおカネのよもやま話
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。