"実家が第一"の姉がつかんだ、「最高の結婚」

大事なものを諦めずに、結婚にたどり着けるか

「彼の会社には社宅もあるので、そこからときどき実家のメンテナンスに通おうと思っていたんです。でも、彼は『海が近いからすぐに釣りに行ける。ここに住むことに何か問題でも?』と。びっくりしました。こんな田舎だから通勤も大変だけど本当にいいのかな、と最初は心配でした」

妻の友人と釣りに出掛けるほど、地元になじむ夫

実際に2人で住み始めると、久美子さんの不安は消えた。徹さんは家から車で5分の海岸で夕食のおかずを嬉しそうに釣ってくる。久美子さんの地元の友人知人とも仲良くなり、週末は港から船に相乗りして沖合まで釣りに行くという。確かに、釣り好きならばこの上ない住環境だ。社宅の家賃に当てるべきお金で釣り三昧である。

ちなみに、徹さんの両親は長男である徹さんが家を出ることにはこだわりがない。2人が交際をしていたときから、「久美子さんはひとり暮らしだと危ない。あんたもあっちの家に住みなさい」と言ってくれていた。子離れがいい親は、子どもばかりではなく、その交際相手をも幸せにするのだ。

久美子さんは結婚した翌年に妊娠し、長男を出産した。仕事は辞め、現在は子育てに専念している。週末は徹さんも今年で2歳になる息子の世話をよくしてくれるようだ。

「外で働きたいとはもう思いませんが、たまには友だちと焼き鳥屋で飲みたいですね。こないだ初めて彼に息子を預けて、妹と2人で名古屋で半日過ごしました。妹も子どもたちを旦那さんに預けたそうです。子どもを気にせず、大人向きの素敵なお店に入って食べたいものをゆっくり食べられました。すごく楽しかった~。こんなことをできる日が来るなんて思いませんでした」

両親を早くに亡くすという大きな不幸はあったものの、明朗さと妹への愛情を失わなかった久美子さん。仕事と遊びは30代前半までに完全燃焼したと感じている。今は、新しい家族にすべてのエネルギーを注いであげたい。だからこそ、「たまの息抜き」で大いにリフレッシュできるのだろう。

再びにぎわいを取り戻した自宅を見て、天国の両親は何を思うだろうか。僕は久美子さんに「親孝行!」の一言を捧げたい。
 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 離婚親の選択
  • 御社のオタクを紹介してください
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ひと烈風録 平井一夫<br>前会長の「ソニーとの決別」

ソニーを立て直した名経営者は、会長に退いてからたったの1年で会社を去った。今後はビジネスの世界から身を引き、日米の子どもたちの就学を支援するという。自らが望む人生を始めて歩み出す平井氏。そのユニークな半生を振り返る。

  • 新刊
  • ランキング