びっくりドンキー「330円モーニング」がくれる幸福 「これでいい。いや、これがいい」最高の朝食

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

ハンバーグが提供されるお馴染みの木の大皿も中央が盛り上がっていて、ボリューム感を演出してくれるので、味はもちろんのこと視覚的に満足できるのです。

某ファミレスチェーンでは、メニューよりふたまわりぐらい小さいハンバーグが出てきて、食べる前からがっかりさせられるのが常なのに、「びっくりドンキー」の器は配膳された際に、そのボリュームにびっくりできるよう演出されている印象です。

オリジナルの器は、コーヒーカップから、ドリンクグラス、デザートカップにいたるまで、高台に高さを出すことで、視覚のトリックでたくさん入っているように見せてくれます。さりげないあげ底で、顧客満足度をそっと上げているのだとしたら、お見事というよりほかありません。

モーニングでも「びっくりドンキー」の独自性は健在

高くはないけれど、低価格では勝負していない、個性あるモーニングメニュー(著者撮影)
ポテサラトーストセットという、モーニングではやや珍しいメニューもあります(著者撮影)
「すてきな一日の始まりにちょうどいい」という文字に納得です(著者撮影)

「びっくりドンキー」はファミリーレストランではあるのですが、同業他社とは切り口が違い、価格で勝負していないところに面白味があると思います。

ボックス席を中心にした店づくり、薄暗い照明とジャンクな内装など独自性が高いのが特徴です。

付け合わせのサラダはグリーンサラダではなく大根サラダ、パフェ類はアイスクリームではなくソフトクリームなど、メニューもクセが強め。

「買い物前にとりあえずどこかファミレスでも行くか」ではなく「びっくりドンキーに食べに行かない?」と目的地になり得るフックの強さがある、ちょっと特別な気分を味わえる店づくりがされています。

その個性はモーニングメニューにも健在です。

次ページサイドメニューもいろいろ選べる
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT