「下+心」は下心じゃない!“奇妙な漢字"を紹介 「馬+鹿」「雲+龍」「エが4つ」はどう読めば?

拡大
縮小
「奇妙な漢字」を紹介します(グラフィック:編集部作成)
この世には、普段あまり見かけることはない、奇妙な漢字が多数存在します。ビジュアル的に目立つグラフィカルなそれらの漢字は、どこかの辞書や書物にきっちりと載っているものです。杉岡幸徳著『奇妙な漢字』(ポプラ新書)より、いくつかご紹介します(前編)。
この記事の画像を見る(12枚)
おしゃべり

口部33画(36) 訓:おしゃべり 意味:おしゃべり

「口」を3つ並べた「品」は我々にも身近な漢字だが、さらに極限まで推し進めて、12個も積み重ねた漢字がこれである。

たいと

?部?画(84) 訓:たいと・だいと・おとど 意味:未詳

ほとんどの辞書には載っておらず、長い間実在さえ疑問視されてきた「幽霊文字」である。もっとも画数の多い漢字でもある。人名に使う。ただし、こういう名前の人が実在するという明晰な証拠はない。1960年代、ある証券会社に1人の男が現れ、こう書かれた名刺を差し出したという、極めて怪しい伝説が残っているだけだ。

下+心は下心なのか?

とく

心部3画(7) 音:トク・トウ 意味:心がむなしい

「下心」である。なんだかいかがわしい字だが、意味は「心がむなしい」だから、できすぎている。

次ページ「エ」が4つで「エエエエ!」?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
【田内学×白川尚史】借金は悪いもの?金融の本質を突く教育とは
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT