Facebook、「メッセンジャー開放」の破壊力 速報!開発者会議「F8」で語った新戦略

拡大
縮小

「グロウ」では、Facebook向けに開発し、ウェブブラウザ、スマートフォンアプリ、タブレットアプリなど複数の環境で使われるアプリを、一元的に解析する「App Analytics」を無料で公開した。

これにより、デバイスを問わず、ユーザーの解析が行えるようになり、アプリの改善やプロモーションの効果測定などをより正確に実現できる。開発者は、自分のアプリで何が起きているのかを、無料で管理でき、Facebookのプラットホームでのアプリ開発のメリットが高まる。

「マネタイズ」では、Facebookのニュースフィード内のネイティブ広告の効果がバナーの7倍のインプレッション単価と、効果あたりのコストの40%削減を実現させているとした上で、モバイルアプリ内で動画・ディスプレイ広告の仕組みであるLive Railを活用できるようにした。

昨年のF8から、Facebookは、開発者の技術的な側面、成長、そしてマネタイズを支える姿勢を明確にしており、今年もそれを踏襲した格好だ。

IoTの開発環境も提供

開発者に対して、シンプルなモバイル開発環境を提供するFacebookのParse。今回面白かったのは、ParseのIoTサポートだった。

人が使うデバイスの多様化と同時に、インターネットに接続された機器もまとめて、Parseから扱えるようにしよう、という取り組みだ。IoTをサポートする開発環境はParseが初めてではないが、他のプレイヤーを見渡してみると、IBMやCitrixといったより大規模な仕組みが中心だった。

IoTデバイスを自作できる基盤型のマイコン「Arduino」向けの開発キットを公開した

その点で、モバイルアプリのバックエンドと連携して、例えばJavaScriptのコードからIoTをつなぎ込むことができるParseのIoT対応は、IoTの開発を寄り盛り上げることになるだろう。

まず手始めに、IoTデバイスを自作できる基盤型のマイコン「Arduino」向けの開発キットを公開している。例えば現段階で、Parseをバックエンドに持つiPhoneアプリから、ArdinoにつながったLEDを点灯させるといったことが、簡単にできるようになることを意味する。

「FacebookとIoTがつながる」というと短絡的すぎるが、ニュースフィードやメッセンジャーとこうしたデバイスの連携は、コミュニケーションの表現力や実世界・仮想世界での実装力を高めることになるだろう。

次ページザッカーバーグが語る未来のコミュニケーション
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT