結婚20年の夫が思い悩む「休日の昼間がつらいよ」 もはや「挨拶程度」の妻との未来が見えない

拡大
縮小
結婚して20年経ち、妻とはいまや挨拶程度という夫の苦悩とはーー?(写真:Fast&Slow / PIXTA)
「誰かのお悩みの中には、普段は律儀にみんなと同じ、大人らしい大人に擬態して生きている私たちが、最後の最後に、どうしても諦めることのできないその人そのものの形が隠れています。あなたの戦いはあなただけのものでも、あなたのように孤独に戦う同志はこの世界のどこかにたしかにいます」
そう語るのは新刊『大人だって、泣いたらいいよ ~紫原さんのお悩み相談室~』を刊行したエッセイストの紫原明子さん。
今回は43歳の男性から寄せられたお悩みと、それへの紫原さんの回答をご紹介します。

休日のファミレスに近寄れない

【ご相談】
平日は仕事で慌ただしくしているので特に感じないのですが、休みの日に散歩などしている際、見かける家族連れ、夫婦と思しき人、ママ友や趣味仲間らしき人たちが眩しくて胸の奥がずきんとします。
ファミレスやフードコートなどは最たるもので、なるべく近寄らないようにしています。(ファミレスにはよく行くのですが、土日の昼時はだいたい幸せオーラが放たれているので入ってすぐ出ることもときに)
結婚して20年経ち、高校2年生の娘と中学2年生の息子もいるのですが、妻とは挨拶程度で、家族4人で食事をすることもほぼありません。
息子だけは一緒に過ごしてくれるのですが、もうだいぶ大きくなって、この時間も残りわずかなのだろうなと思うと、何を支えにして生きていけばいいか、わからなくなります。
親として、子どもに甘えるのではなく、支えにならなければいけないと思っているのですが、逆になってしまっています。仕事面でたくさんのつながりに恵まれ、周りからは慕われている、人望があると言われることが多いのですが、どうしてもホームが無い、一人であると感じてしまいます。
43歳になり、仕事面ではこれまで培ってきた実績と人脈を惰性で食い潰してしまうのではと思うことも多々あります。子どもたちが巣立った後、妻とふたりでの生活は具体像が見えず、考えるたびに熟年離婚というワードが浮かびます。
一方で、一人で生きている(と見える)人に対しては心の強さ、芯の太さがすごいなと思い、自分はなんでこんなに弱いのだと思ってしまいます。幼い頃から愛情をたくさん受けて育ったと思っていて、それが大人になるにつれて甘えに変わってしまったのかもしれません。能動的に助けを求めることが苦手で、人から手を差し伸べてもらえるのを待っているだけなのかもしれないと思います。
ちゃんと自立した大人になる道筋があれば、教えていただきたいです。
(ペンネーム/いちょう並木、43歳会社員、男性)
次ページ紫原さんの回答は?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT