クラゲを食べる水族館!調理法も教えるワケ

世界一!加茂水族館の"3つの非常識"

ミズクラゲの大水槽「ドリームシアター」前で、村上龍男・加茂水族館館長(右)と、遠藤功氏(左)
『現場力を鍛える』『見える化』など数々のベストセラーがある遠藤功氏が、「10年間の集大成」として出版した『現場論――「非凡な現場」をつくる論理と実践』が、発売20日で3万部を突破しました。
 「日本企業の強さは現場力にある」という視点から、現場力を鍛える仕組みをわかりやすく読み解いた1冊で、「私の職場でも応用できるヒントを見つけた」「現場で働くことが楽しくなった」などの声が、読者から多数届いています。
 前回に引き続き、『現場論』の中で「ミニ事例」として紹介した、山形県鶴岡市立加茂水族館の村上龍男館長との対談を掲載します。
 「老朽・弱小・貧乏」の“三重苦”で閉館寸前だった水族館が「クラゲに特化」することでV字復活を遂げ、ギネス認定の「世界一のクラゲ水族館」になった、その奇跡を生み出した現場力の秘訣を探ります。
 前編:クラゲが救った"三重苦"水族館、奇跡の物語

非常識1 水族館で「クラゲを食べる」

33刷15万部のベストセラー&ロングセラー『現場力を鍛える』の衝撃から10年。その後の全エッセンスが詰まった10年間の集大成、ついに発売! 本書を読めば、どの現場も必ず強くなる。現場にかかわるすべての人に、役立つ1冊。

遠藤:今回、新館を初めて拝見させていただきました。星のプラネタリウムみたいに、水槽のクラゲを見せる「クラネタリウム」は幻想的な美しさですね。

村上:ありがとうございます。ようやく常時50種以上のクラゲを展示できるまでになりました。

遠藤:「世界一のクラゲ水族館」に来て驚くのは、展示の工夫やクラゲの種類の多さももちろんですが、レストランや売店に「クラゲのメニュー」がたくさんあることです。「クラゲアイスクリーム」「クラゲラーメン」「クラゲ定食」「クラゲまんじゅう」……。なぜ、水族館で「クラゲを食べる」アイデアを思いついたのですか?

次ページクラゲラーメンで、レストランの売上4倍増
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT