クラゲが救った"三重苦"水族館、奇跡の物語

ギネス認定!「クラゲ世界一」の成功秘話

村上:その後も、近くの海でクラゲを捕ってきては、試行錯誤を続けました。すると水槽の水を動かしたほうがいいとわかり、エアー注入パイプを入れるなどの工夫を重ねました。

遠藤:まずは、できることを実践しながら創意工夫するのが、現場力の基本ですからね。

村上:翌1998年に、5種類のクラゲの展示に成功したところ、年間の来館者が2000人増えました。わずか2000人ですが、経営がドン底の頃から、自分たちの力で初めてお客さんを増やせたわけです。それ以降、「ウチの未来はクラゲにしかない」と腹をくくることができました。その2年後に12種類展示して、日本一になれました。

遠藤:閉館目前の水族館には、「努力を惜しまない現場の職員」と「クラゲ」がいたわけですね。

職員に3500万円分の経験をさせる上司力

遠藤 功(えんどう いさお)
早稲田大学ビジネススクール教授、ローランド・ベルガー会長。早稲田大学商学部卒業後、三菱電機、米国系戦略コンサルティング・ファームを経て現職。早稲田大学ビジネススクールでは、経営戦略論、オペレーション戦略論を担当し、現場力の実践的研究を行っている。 また、欧州系最大の戦略コンサルティング・ファームであるローランド・ベルガーの日本法人会長として、経営コンサルティングにも従事。

遠藤:2011年震災の年、春に向けて、設備投資をしたことがあるそうですね。

村上:来館者数が増えたので、そのおカネでクラゲの展示をさらに充実させるべく、工事費込みで3500万円の投資をしました。具体的には、1500万円分の大小さまざまの水槽20個を、役所的な手続きをすっ飛ばして購入したのです。

遠藤:そんなに大量の水槽が、なぜ必要だったのですか?

村上:クラゲの種類によって、水槽の寸法の違いで飼育できたり、できなかったりします。担当者が試行錯誤しながら経験値を増やすしかありません。新館の建設計画決定後は、そこで失敗しないためにも避けられない関門だと考えました。

遠藤:一見、「設備」に投資しているようで、実は「人」に投資していらしたのですね。しかし、それが市側と衝突する原因にもなったわけですね。

村上:そうです。私の館長としての決済権は、本来は50万円までです。しかし、役所の決済を待っていたら、いつまで経っても前に進まない。そこで役所の手続きをすっ飛ばして購入を進めました。ただ、私も市が100%出資した開発公社職員ですし、市のルールを破ったのは事実なので、辞表を出して、自宅で数日間は草むしりをしていました。

遠藤:館長が進退を懸けて、職員のみなさんに経験を積ませようとしたわけですね。誰にでもマネできることではないし、職員の方々をも奮い立たせるリーダーシップですね。

村上:経験はおカネでは買えませんから。

次ページ副館長に引っ張られて「ギネス世界一」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。