出世する人は「人事規定」を読み込んでいる

制度に込められたメッセージをくみ取れ

一方で、保険会社のように、チーム評価をほとんど重視しないところもあります。

保険会社が扱う商品は、各社間で大きな差はなく、営業マンも自分たちの人脈で売っていきます。顧客は会社ではなく、営業マン個人に帰属します。契約時には管理職の同行説明もあるでしょうが、社内の社員間協力はほとんど必要ありません。つまり、不動産販売と異なり、個人の力に負うところが非常に大きいのです。また、人材の流動性が高く、転職も容易なため、優秀な営業マンを引き留めておくためには、チームワークなどと悠長なことを言ってはいられないわけです。

逆に、電鉄会社はどうでしょうか? ちょっと考えただけで、歩合とは程遠い業界だということがわかると思います。マニュアルに従い、安全第一。アグレッシブさはまったくといっていいほど不要でしょう。社員に勝手なことをされたら、会社としては困るわけです。

このように、業界によって特性が異なるので、ぜひ、自社の特性を考慮に入れながら、人事制度を読み込んでみてください。「部門内で、協力態勢はどの程度必要か?」「それがないと管理コストは上がるか?」「顧客は会社についているか、個人についているか?」「他部門のサポートはどのくらい必要か?」「人材の流動性はどの程度高いか?」などを見極めていくと、人事制度の意味が腹に落ちることでしょう。

出世する人たちは、こういった人事制度の特性を見極めたうえで仕事をしています。これが、私が強調する「要領のいい働き方」のひとつです。

人事制度に込められたメッセージを読める人が出世する

人事制度をはじめ、ルールにはそうなっている理由や意味、背景があります

もちろん、制度の意味や背景は、経営者や管理職が、社員に対してしっかりと説明すべきことです。ですが、私のコンサルティング経験で言わせていただくと、経営陣はそれなりにやっているのですが、現実問題としてはなかなか伝わらないのが現状で、「社員にうまくメッセージが伝わらない」と悩む経営者は多いものです。

むしろ、だからこそ、一社員としてしっかりと自社の制度を読み込み、背景も含めたメッセージを把握して行動すれば、出世すると言えます。会社の期待を把握し、会社が期待する行動をとることができるのですから。

「自分は出世しなくてもいいから、プレーヤーとして活躍したい」という人でも、制度の背景を理解していることにより、よりスムーズに仕事ができるというものです。

ぜひとも、会社、経営陣の視点から考えることで、要領よく出世していただきたいと思います。

関連記事
トピックボードAD
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ノースフェイス快走のゴールドウイン

米国のアウトドアブランド「ザ・ノース・フェイス」が大ヒットし、ゴールドウインの業績は絶好調。26年ぶりに最高益を更新。次は自社オリジナルのブランドを確立し、海外展開に挑む。