出世する人は「人事規定」を読み込んでいる 制度に込められたメッセージをくみ取れ

印刷
A
A

皆さんの会社には、人事制度があると思います。特にその中でも、評価・報酬制度は、働く者としてはいちばん気になるところです。この評価・報酬制度に対して、社員の皆さんの不満が非常に多いのです。

「評価制度に不満」な人は、要領が悪い?

ある不動産販売会社で高い営業成績を上げている人から、次のような話を聞きました。

「会社は成果主義だと言いながら、ボーナスのうち、個人業績が反映される比率が60%しかない。チーム評価なるものがあり、チーム目標が未達だと、自分は目標を達成しても40%部分のボーナスは減額される。これでは能力が高く、やる気のある営業マン(自分のことを言っているのでしょう)のモチベーションが下がる」ということでした。

さらに「グループには、1~2人は、なかなか成果を出せない人がいるもの。その人たちが足を引っ張り、上司もチーム目標達成のため数字が未達の人のサポートに回りがちになり、最後は目標を達成するために、成果の出せるほかのメンバーに営業数字のシワ寄せが行く」「個人目標を大きく上回り、できない営業の数字をカバーすれば、それはそれで評価もされるが、グループ評価の存在は理解できない」とも言っていました。

こういった不満は、皆さんも耳にしたことがあるのではないでしょうか? しかし、断言しますが、こういう不満を持っていると、組織で出世することは難しくなります。営業マンとしても、ある程度は成功するでしょうが、ストレスを抱えて続けるため、楽しく仕事をできないでしょう。

ここではまず、「なぜ自分の会社はこのような人事評価制度を作ったのか?」を考える必要があります。それを会社の視点、経営者の視点から考えるのです。

次ページ要領の悪い人は、視野が狭い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT