日銀「財政ファイナンス宣言」のススメ

結局は「インフレ目標達成」のための近道!?

今週末は皐月賞のトライアルレースであるスプリングステークス(GⅡ)がある。まずまずのメンバーがそろった。

スプリングSは、リアルスティール本命で

実績では朝日杯を制したダノンプラチナだが、マイルを主に使って来た臨戦過程を考えると今春最大の狙いは皐月賞だろう。トライアルのスプリングSを無理に勝ちに行くモチベーションはない。

他方、デビューから1800mを2回使って2連勝のリアルスティールは、ダービー狙いの可能性が大きいと思われるが、一線級との末脚の力量測定をしておきたいところだろう。中山の経験がないものの、直線で一時抜け出しにくくなった(福永騎手ではよくあることだ)共同通信杯を勝ちきった器用さは、中山競馬場のいかにも中山的である1800mに向いていると判断し、本命に採りたい。

対抗には、堅実に駆けているものの今一つ賞金が足りておらず、有力馬の中では最もモチベーションが高いと思われるブラックバゴを抜擢する。皐月賞でも入着級の力量と思われ、有力馬の力関係を測る際のモノサシに使える馬と思えるので、同馬のパフォーマンスには注目しておきたい。

ブラックバゴを買うなら、前走で僅差ながらブラックバゴを抑えたベルーフを重く買うべきだろう。ルージュバック以外に負けていない点も魅力だ。

ダノンプラチナも二頭目の単穴的な位置づけで買いたい。真面目に走るので、頭もあり得るが、配当的な妙味を考えると、ブラックバゴ、ベルーフにウェイトを置くべきか。

配当的にこれ以上手を拡げるわけには行くまい。筆者の馬券イメージは、4頭の三連複をボックス買いして、あと一点リアルスティールからブラックバゴの馬単を買う感じだ。
 

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
  • テレビのミカタ
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
現場に厳しく、幹部に甘い<br>日本郵便・社員大量処分の杜撰

かんぽ生命の不適正販売をめぐって、社員の大量処分が進んでいますが、その現場からは不満の声ばかり聞こえてきます。営業現場に責任を押し付けるのではなく、日本郵便の本社・支社、かんぽが自らの非を認める日はいつ訪れるのでしょうか。

東洋経済education×ICT