幸せな結婚に「男女平等」は要らない?

39歳外資系ゴージャス美女の"改心"

「黙って聞いていればよかったのですが、私も言い返してしまったんです。私は毎日のように通っていたスポーツジムをやめて節約しているのに、カレは1年以上も行っていないジムの月会費を払い続けているんですよ。今まで言わずに我慢していたけれど、つい口に出してしまって……。朝になってもカレは怒っていて、毎朝作っているお弁当を持って行ってくれませんでした」

よほどショックだったのか、恵子さんは気持ちを吐きだすように話し続けている。明夫さんが勤務する日本的経営の大企業を「昭和」と表現するが、恵子さん自身も内面はかなり「昭和」だと感じた。

ただし、恵子さんは「27歳で結婚していたらキレていたし、貯金なんてそもそも考えられなかった。というか、カレとは結婚していなかった」と告白する。明夫さんと結婚したのは恵子さんが37歳のときだ。10年間で何があったのだろうか。

「破滅行為」がもたらした、前夫との離婚

実は、恵子さんは一度離婚を経験している。前夫は、学生時代から付き合って6年間も同棲した「大好きなタイプ」の男性だったという。

「知的で想像力も豊かなクリエーターでした。私は精神的にめちゃくちゃ頼っていましたね。土日にパジャマ姿でボヤーッとしている彼を無理にでも外に連れ出そうとしたり。彼にまとわりつくのが愛情だと勘違いしていたんです。自分が寂しくて寄りかかっていただけなのに。平日は懸命に働いているのだから、休日ぐらいはゆっくりさせてあげればよかった……」

30歳で離婚した後、3年間ほど付き合った年下の男性もいたが、結婚には至らなかった。恵子さんは複数の婚活サイトに登録し、お見合いパーティにも積極的に参加。週に2、3人とはデートしていた。しかし、付き合えても長続きしない。外見が派手な恵子さんは、遊び目的の男性に目を付けられやすいのかもしれない。

明夫さんも最初はそのひとりだった。なんと最初のデートで告白もせずにキスを迫ってきたという。憤った恵子さんは明夫さんからの連絡を無視した。

「ほかの男性としばらく付き合ったのですが、やっぱり別れてしまって婚活サイトに復帰しました。カレがすぐに見つけて、『1年ぶりです。覚えていますか?』とメッセージをくれました。会ってみたら以前よりも落ち着いていて、『お互いに婚活の成果がなかなか出ないね』と和やかに話すことができました」

次ページ赤ワインをぶっかける大喧嘩から、一転、結婚へ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT