有料会員限定

エーザイの認知症薬候補「レカネマブ」の期待値 最終段階の臨床試験で抑制効果確認、23年申請へ

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

エーザイが共同開発中のアルツハイマー型認知症薬「レカネマブ」。その効果とは?

エーザイ本社での会見の様子
9月28日、東京・小石川のエーザイ本社での会見の様子(写真:記者撮影)

特集「認知症 全対策」の他の記事を読む

9月末、エーザイは米バイオジェンと共同開発中のアルツハイマー型認知症(AD)薬「レカネマブ」について最終段階の臨床試験(治験)で「症状悪化の抑制効果を確認した」と発表した。

2023年3月までに申請予定

レカネマブは、認知症の原因とされるタンパク質「アミロイドβ(Aβ)」を脳内から除去する薬で、症状悪化の速度を遅くする。

週刊東洋経済 2022年12/3特大号[雑誌](認知症 全対策)
『週刊東洋経済 2022年12/3特大号[雑誌](認知症 全対策)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

認知症の手前の状態である軽度認知障害(MCI)と、軽症のAD患者を対象とした今回の治験結果から、重症度を評価するスコアが1段階進むまでの期間を少なくとも約1年半遅らせることが期待されている。エーザイは米国で迅速承認制度を利用して申請しており、早ければ1月頭に結果が出る見通し。国内や欧州でも、2023年3月までに申請予定だ。

認知症薬は脳内のタンパク質であるAβを原因とする仮説に基づいた研究が進んできたが、この20年失敗続きだった。東京大学大学院医学系研究科の岩坪威教授は、「その中で良好な治験結果が出た意義は大きい」と話す。

次ページエーザイにとってリベンジでもあった
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
認知症 全対策
最終段階の臨床試験で抑制効果確認、23年申請へ
ポイントは良好な関係構築と力を奪わないこと
認知症対策の要は「10年前との違い」に気づくこと
発症の仕組みから診断方法まで専門医が回答
大ヒット作『認知症世界の歩き方』著者に聞く
遠距離介護でも罪悪感を抱かないでほしい
認知機能が低下する前に手を打つことが重要
介護費用を5パターンでシミュレーション
横領に移動制限、トラブルにどう対処するか
相続対策と資産凍結対策を兼ねる家族信託とは
100万円単位の診断一時金を出すタイプが主流
知識や理解だけでは乗り切れない介護の現実
介護拒否や物盗られ妄想、どう対応するべきか
高齢者の見守りに、最新家電を手軽に活用
悪徳施設を避けるには「安・近・短」に要注意
リハビリだけじゃない、症状進行の抑制効果も
認知症者が住みやすい社会へ、官民連携を推進
40代で「認知症」を発症、絶望から救った出会い
少人数開催の「小さなカフェ」が成功例に
治療法から生活支援まで急速に研究が進む
薬が本当に必要か、チェックする姿勢が重要
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内