「認知症」を知るための基本のキ どのような疾患や症状があるのか?

印刷
A
A

日本では認知症患者が約370万人、認知機能に問題はあるが日常生活は維持できている、患者と正常な人の中間地点にいる軽度認知障害(MCI)の人を含めると、広義の認知症有病者は約560万人に達するとされる。

では、その疾患や症状をどこまで正しく理解しているだろうか。

認知症とは、さまざまな原因で脳内の細胞が死んでしまったり、細胞の働きが悪くなってしまったりすることで、生活に支障が出ている状態(およそ6カ月以上)のことをいう。

症状の1つに物事を覚えられなくなったり、思い出せなくなったりすることがある。下の図に示したように、「認知症によるもの忘れ」と「加齢によるもの忘れ」はその中身が違うことを認識しておきたい。

次ページアルツハイマー型認知症を根本治療できる薬の開発
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内