「認知症のパイオニア」エーザイに迫るのは天国か地獄か アデュカヌマブが決める運命の分かれ道

印刷
A
A

「アルツハイマー病の治療薬開発に成功すれば『勝ち』なんです。だから、そこに全身全霊を傾ける。1秒も無駄にできないし、1秒も気を緩めることができない」

2年前、エーザイの内藤晴夫CEOは東洋経済のインタビューで語気を強めてそう述べていた。

アメリカの食品医薬品局(FDA)が「アデュカヌマブ」を承認するかどうかが決まる2021年6月7日は、エーザイにとって運命の日になる。承認されれば、世界初のアルツハイマー病の治療薬(疾患修飾薬)が誕生する。全世界の患者数は5000万人近くいると言われるだけに、新薬のピーク売り上げ1兆円の大型薬に育つことも夢でない。

提携先のバイオジェンと山分けしても大きな果実が懐に入る。そうなれば、国内製薬大手の枠を抜け出し、がんの次の「認知症」巨大市場で先頭を走る、国際的な製薬企業に飛躍する。

結果が出なければ苦境に

次ページ「認知症薬とともに生きて死ぬ」
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内