世界中の製薬大手が挫折する認知症薬の「難路」 最終コーナーにいる新薬は1つだけ

印刷
A
A

大学や研究機関、製薬大手による基礎研究から薬の開発(治験)まで、アルツハイマー病の治療に向けて、世界中で膨大な時間とお金が投下されてきた。

下の図は最近の動きをまとめたものだが、アメリカやヨーロッパなど大手の製薬会社では、3段階に分かれる治験の第2相(P2)や承認への最終関門である第3相(P3)で開発中止を余儀なくされている。

アミロイドベータ仮説に基づくアルツハイマー病発症の最上流を攻める「BACE阻害剤」(詳しくは「認知症の根本的な治療に『3つの攻め手』」)では、2018年のアメリカのイーライ・リリー連合、2019年のスイス・ノバルティス連合に続き、エーザイの「エレンベセスタット」が治験の最終段階であるP3で、十分な安全性などを示せず、開発中止を決めている。

エーザイの失敗で主力会社の手がけるP3の新薬候補は全滅。BACE阻害剤での治療薬誕生の見込みは大きく遠のいた。

次ページアデュカヌマブに世界中の注目
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内