有料会員限定

注目集まる「認知症保険」の5つのポイント 100万円単位の診断一時金を出すタイプが主流

✎ 1〜 ✎ 10 ✎ 11 ✎ 12 ✎ 最新
拡大
縮小

認知症になると介護費など想定以上に費用がかかることが多い。こうした事態に備えるものとして注目を集めているのが「認知症保険」だ。認知症保険とはどのようなものなのか、5つのポイントを解説する。

認知症に関する小冊子
生命保険協会が作成している認知症に関する小冊子(写真:記者撮影)

特集「認知症 全対策」の他の記事を読む

「純資産が1億円を超える富裕層の人たちの関心が高いですね」

週刊東洋経済 2022年12/3特大号[雑誌](認知症 全対策)
『週刊東洋経済 2022年12/3特大号[雑誌](認知症 全対策)』(東洋経済新報社)書影をクリックするとAmazonのサイトにジャンプします。

大手生命保険会社の担当者がそう話すのは、認知症に特化した保障を提供する「認知症保険」についてだ。

週刊東洋経済 2022年12月3日号(11月28日発売)は「認知症 全対策」を特集。介護から予防、費用、相続まで認知症のあらゆる対策を網羅する。

そもそも富裕層の多くは将来の相続などに備えて、外貨建て保険をはじめとした運用商品を多数契約している。

もし認知症となった場合は、正常な判断能力が欠けていると判断され、運用商品の解約手続きに影響が出てしまう。そのため、家族を「指定代理請求人」としてあらかじめ登録しておき、万が一のときに円滑に手続きできるようにしておくケースが少なくないのだ。その際、保険会社の営業などを通じて認知症保険の存在について知り、併せて加入しておく事例が多いという。

次ページどこまでの保障が必要なのか見極める
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
認知症 全対策
最終段階の臨床試験で抑制効果確認、23年申請へ
ポイントは良好な関係構築と力を奪わないこと
認知症対策の要は「10年前との違い」に気づくこと
発症の仕組みから診断方法まで専門医が回答
大ヒット作『認知症世界の歩き方』著者に聞く
遠距離介護でも罪悪感を抱かないでほしい
認知機能が低下する前に手を打つことが重要
介護費用を5パターンでシミュレーション
横領に移動制限、トラブルにどう対処するか
相続対策と資産凍結対策を兼ねる家族信託とは
100万円単位の診断一時金を出すタイプが主流
知識や理解だけでは乗り切れない介護の現実
介護拒否や物盗られ妄想、どう対応するべきか
高齢者の見守りに、最新家電を手軽に活用
悪徳施設を避けるには「安・近・短」に要注意
リハビリだけじゃない、症状進行の抑制効果も
認知症者が住みやすい社会へ、官民連携を推進
40代で「認知症」を発症、絶望から救った出会い
少人数開催の「小さなカフェ」が成功例に
治療法から生活支援まで急速に研究が進む
その他の記事はこちら
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内