株価暴落が怖い投資家はこの「17銘柄」を保有せよ 初心者こそ、王道の超有名企業の株を買おう

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 5
拡大
縮小
暴落耐性のある投資家になるうえで持っておくべき銘柄とは(写真:foly/PIXTA)
「アメリカ株に投資すれば誰でも儲かる」「まだアメリカ株やってないの?」 そんな言葉が頻繁に聞こえた2021年から一転、今年は世界中で下落が目立つ展開に。含み損を抱えた結果、投資をやめてしまう人も出てきていることでしょう。
しかし、株式投資において、複利の恩恵を享受するためにも投資の継続は重要。大切なのは暴落時でもコツコツ投資を続けることと、暴落に負けないマインド作りです。
日本株専門のサラリーマン投資家であり、『オートモードで月に18.5万円が入ってくる「高配当」株投資』が大ヒット中の長期株式投資さんが全5回で送る短期集中連載。最終回となる今回は、「暴落耐性のある投資家になるうえで、持っておくべき銘柄」をテーマに解説してもらいます。

暴落耐性のある投資家になろう

読者の皆さんは、ここまでの連載で以下のことを学んできました。

・暴落時における株価の下落率と下落期間
・暴落時に参考となる指標
・世界3大バブルとその後の大暴落
・暴落時の心理的な動きを理解するのに役立つ行動経済学

これらは相場と向き合っていく上で、きっと役に立ってくれるはずです。今後も暴落相場に直面した時には、ぜひ読み返してみてください。

さて、連載は今回が最後となります。これまでの連載内容を踏まえつつ、具体的にどのような銘柄を保有することで、暴落相場においても退場させられにくくなるのかを考えていきたいと思います。

次ページディフェンシブ銘柄を保有しておく
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT