有料会員限定

中国ウォッチャーが鋭く分析「習近平の通信簿」 3期目の焦点は「個人独裁」「社会の不安定化」

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

習近平政権の「2期10年」の功罪、そして「3期目」の行方をどう見たらよいのか。4人の中国ウォッチャーが鋭く分析。

採点で星をつけるビジネスパーソン
政権の前半は及第点。後半は、経済統制の強化や過剰なナショナリズムに厳しいコメント。(写真:taa / PIXTA)

特集「米中大動乱」の他の記事を読む

個人独裁を確立 毛沢東時代に似る

(注)習近平政権2期10年に対する4分野の評価を5段階で点数化(5点が最大、1点が最小)

全体的に辛めの点数だが、「1」が一つもないのは、習近平体制の成果が前半は良好だったからだ。総書記に就任した2012年、中国は難題だらけだった。環境破壊や食品汚染、そして幹部の汚職などで、庶民は共産党に多くの不満を抱いていた。同年9月には尖閣反日暴動でナショナリズムが爆発。政権が世論に縛られる状況だった。

次ページ尊敬される超大国のチャンスを逃す
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
米中大動乱
中国が主導する「グローバルサウス」の野望
3期目の焦点は「個人独裁」「社会の不安定化」
住宅実需層がピークアウトで「黄金時代」終わる
日本企業に立ちはだかる「経済安保」の難題
財政の大盤振る舞いで「インフレ退治」に遅れ
英国の次は新興国へ「影の銀行」のリスク膨らむ
自由主義への敵対心が世界を間違った方向へ
先端品開発で技術覇権の勝敗が見え始めた
「インフレ抑制法」で揺れる日系自動車メーカー
安全保障と経済性のバランスをいかに取るか
「一つの中国」に固執、強権政治は恐怖の裏返し
安全保障はアメリカ、経済は中国に依存の現実
中国に衝撃!米国「半導体制裁」の影響(前編)
先端技術の輸出管理を軍事分野並みに引き上げ
中国に衝撃!米国「半導体制裁」の影響(後編)
向こう傷いとわぬ封殺、中国に活路はあるのか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内