有料会員限定

F・フクヤマが語る「米国の分断と民主主義の危機」 自由主義への敵対心が世界を間違った方向へ

✎ 1〜 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 最新
拡大
縮小

『歴史の終わり』で、人類の政治制度は「自由民主主義」に収斂していくと説いたフランシス・フクヤマ氏。著書出版から30年を経て、現在の混乱する世界をどう見ているのか。

フランシス・フクヤマ氏のポートレート
フランシス・フクヤマ(Francis Fukuyama)/スタンフォード大学 シニアフェロー。1952年米国シカゴ生まれ。コーネル大学で西洋古典学を学んだ後、ハーバード大学大学院で政治学博士号を取得。ランド研究所、米国務省を経て、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院教授。1989年11月、外交専門誌『ナショナル・インタレスト』に発表した論文「歴史の終わりか?」、および1992年の著書『歴史の終わり』は冷戦終焉後の世界で大きな注目を集めた。現在は、スタンフォード大学でシニアフェローを務める。(写真:Nora Sulots)

特集「米中大動乱」の他の記事を読む

著書『歴史の終わり』(1992年出版)で、人類の政治制度は「自由と民主主義」以外に選択肢がないとする思想史上の結論を出したフランシス・フクヤマ氏。米国の分断と民主主義の退潮、そして21世紀の世界経済を牽引してきた中国の変調が明らかになる中、両大国と世界の行方をどうみるのか。フクヤマ氏の現在の考えを聞いた(インタビューは9月末に実施、 構成:秦卓弥)。

──フクヤマさんは、1990年代から2000年代初頭の新自由主義政策を批判してきました。現在のアメリカの民主主義をどう評価しますか。

今、アメリカの人々が議論しているのは税負担や移民問題といった政策ではない。まるで人々が2つのチームに二分されてしまったかのようだ。これは、分断された情報空間が原因だ。それぞれの陣営が異なる事実を信じているのだ。

例えば、2021年1月6日にアメリカの連邦議会議事堂を襲撃した人々は、必ずしも民主主義に敵対しているわけではない。襲撃者の多くは、バイデン大統領が前回の選挙を「盗んだ」と本心から信じて、非常に腹を立てているのだ。

インターネットの登場により、別の現実を提示するテクノロジー空間が生まれ、人々はその真偽を問わずに信じるようになっている。

次ページトランプ支持者の主張は非常に終末論的
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
米中大動乱
中国が主導する「グローバルサウス」の野望
3期目の焦点は「個人独裁」「社会の不安定化」
住宅実需層がピークアウトで「黄金時代」終わる
日本企業に立ちはだかる「経済安保」の難題
財政の大盤振る舞いで「インフレ退治」に遅れ
英国の次は新興国へ「影の銀行」のリスク膨らむ
自由主義への敵対心が世界を間違った方向へ
先端品開発で技術覇権の勝敗が見え始めた
「インフレ抑制法」で揺れる日系自動車メーカー
安全保障と経済性のバランスをいかに取るか
「一つの中国」に固執、強権政治は恐怖の裏返し
安全保障はアメリカ、経済は中国に依存の現実
中国に衝撃!米国「半導体制裁」の影響(前編)
先端技術の輸出管理を軍事分野並みに引き上げ
中国に衝撃!米国「半導体制裁」の影響(後編)
向こう傷いとわぬ封殺、中国に活路はあるのか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内