有料会員限定

トラス政権を辞任に追い詰めた「金融危機」の正体 英国の次は新興国へ「影の銀行」のリスク膨らむ

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 最新
拡大
縮小

長らく続いた低金利を背景にレバレッジが氾濫。「影の銀行」発の流動性危機の懸念が世界で高まる。

会見する英トラス首相
就任後1カ月半で市場の信頼を失った英トラス前首相(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

特集「米中大動乱」の他の記事を読む

米国の雇用統計やCPI(消費者物価指数)の強さを受けて長期金利が上昇し、株式市場が乱高下する展開が続いている。NYダウは8月16日の3万4152ドルをピークに足元は3万ドル前後で推移している。

FRB(米連邦準備制度理事会)は景気後退を覚悟してインフレ潰しを行う意志が強い。リーマンショック後長く続いた「中央銀行プット」、つまり株価を支える行動は期待できないことを、市場参加者がようやく理解した。

英国発の金融市場の混乱

9月には米国の量的引き締め(QT、国債の売却によるマネーの吸収)も加速し、長期金利が一段と上昇した。そこへ起きたのが、英国発の金融市場の混乱だ。

次ページ長期金利は急騰し、ポンドは急落
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
TSUTAYAも大量閉店、CCCに起きている地殻変動
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
米中大動乱
中国が主導する「グローバルサウス」の野望
3期目の焦点は「個人独裁」「社会の不安定化」
住宅実需層がピークアウトで「黄金時代」終わる
日本企業に立ちはだかる「経済安保」の難題
財政の大盤振る舞いで「インフレ退治」に遅れ
英国の次は新興国へ「影の銀行」のリスク膨らむ
自由主義への敵対心が世界を間違った方向へ
先端品開発で技術覇権の勝敗が見え始めた
「インフレ抑制法」で揺れる日系自動車メーカー
安全保障と経済性のバランスをいかに取るか
「一つの中国」に固執、強権政治は恐怖の裏返し
安全保障はアメリカ、経済は中国に依存の現実
中国に衝撃!米国「半導体制裁」の影響(前編)
先端技術の輸出管理を軍事分野並みに引き上げ
中国に衝撃!米国「半導体制裁」の影響(後編)
向こう傷いとわぬ封殺、中国に活路はあるのか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内