有料会員限定

習近平、「新興国の盟主」で塗り替える世界勢力図 中国が主導する「グローバルサウス」の野望

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小

「南」への影響力を強める中国。いまや新興国の盟主だ。

上海協力機構の各国首脳
9月にウズベキスタンで開かれた上海協力機構の首脳会議(写真:新華社/アフロ)

特集「米中大動乱」の他の記事を読む

中国共産党総書記の習近平(69)は「下放」によって1969年からの7年間を陝西(せんせい)省の農村で過ごした。農村の貧困を間近に体験しながら、政治や社会の問題は現実的な方法でしか解決できないことを学んだ。

また大衆の現実を知る中で、大衆動員のエネルギーとその政治的な効用を理解した。それゆえ、中国共産党という独裁政党の指導者でありながら、どうしたら大衆の支持が得られるかに腐心する。

次ページ建国以来ずっと途上国外交を重視
関連記事
トピックボードAD
トレンドライブラリーAD
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
特集インデックス
米中大動乱
中国が主導する「グローバルサウス」の野望
3期目の焦点は「個人独裁」「社会の不安定化」
住宅実需層がピークアウトで「黄金時代」終わる
日本企業に立ちはだかる「経済安保」の難題
財政の大盤振る舞いで「インフレ退治」に遅れ
英国の次は新興国へ「影の銀行」のリスク膨らむ
自由主義への敵対心が世界を間違った方向へ
先端品開発で技術覇権の勝敗が見え始めた
「インフレ抑制法」で揺れる日系自動車メーカー
安全保障と経済性のバランスをいかに取るか
「一つの中国」に固執、強権政治は恐怖の裏返し
安全保障はアメリカ、経済は中国に依存の現実
中国に衝撃!米国「半導体制裁」の影響(前編)
先端技術の輸出管理を軍事分野並みに引き上げ
中国に衝撃!米国「半導体制裁」の影響(後編)
向こう傷いとわぬ封殺、中国に活路はあるのか
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
東洋経済オンライン有料会員のご案内