有料会員限定

潜入取材で「トランプ信者」に会いまくり見た素顔 陰謀論Qアノン信者は「ごく普通の中流女性」

✎ 1〜 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 7 ✎ 8
拡大
縮小

ミシガン州に移り住み、共和党のボランティアとして1000件を超える戸別訪問をした筆者が見たトランプ信者の実像。

2021年1月6日、選挙結果が不正だというトランプのウソを信じた信者たちが議会議事堂を襲撃した(写真:ワシントンDC、筆者撮影)

特集「ルポ アメリカ 深まる分断」の他の記事を読む

私がミシガン州の共和党事務所で選挙ボランティアとして戸別訪問を始めたのは、2020年3月のこと。スマートフォンにダウンロードしたアプリの指示に従って住宅地を訪ね、アンケートに答えてもらうのが役目だった。

ボランティア初日、私は熱烈なトランプ応援団に出会った。

渡された赤い帽子

ドアの呼び鈴を押して待っていると、2匹のセントバーナードと一緒に50代の白人男性であるジョンが出てきた。

横田増生(よこた・ますお)/ジャーナリスト。1965年生まれ。関西学院大学を卒業後、予備校講師を経て、アメリカ・アイオワ大学ジャーナリズム学部で修士号を取得。1993年に帰国し、物流業界紙『輸送経済』の記者、編集長を務める。1999年から現職。主な著書に『潜入ルポ amazon帝国』『ユニクロ潜入一年』など(写真:筆者提供、ジョンにもらった帽子を被って)

「何だって、ミシガン共和党のボランティアだって。そこに座って待っていてくれ」と、玄関先にあったパイプ椅子を指さす。

すぐに戻ってきたジョンの手には、赤い帽子があった。「トランプ 2020 アメリカを偉大なままに!」と刺繍してある。

「この帽子を20個買って、いろんな人に渡しているんだ。あんたにもやるよ。オレは共和党員ではなく、無所属だな。今でも自動車産業で働いているんだ。組合の委員長をやったころには、民主党にも投票した。2008年にはオバマにも投票した。けれど、オレにとって一番大切な政策は、中絶の是非についてなんだ。聖書の解釈では、中絶は殺人にあたるので、中絶はどうしても認めることはできない。トランプは、これまでで最も中絶に反対している大統領だから応援しているんだ」

熱くて、陽気なたちのトランプ支持者だった。

私は2020年のアメリカ大統領選挙を取材するため、ミシガン州に移り住み、トランプ陣営である共和党のボランティアとして戸別訪問しながら、選挙戦を追いかけた。最終的に戸別訪問の件数は1000件を超えた。2021年1月の連邦議事堂襲撃事件を取材した後に帰国し、『「トランプ信者」潜入一年』として上梓した。

私はその日から、ジョンにもらった帽子を被ってボランティア活動に精を出した。この帽子のおかげで、トランプを熱狂的に支持する人たちの声を聞くことができた。

次ページ「支持者」と「信者」の差
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
倒産急増か「外食ゾンビ企業」がついに迎える危機
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
日本の「パワー半導体」に一石投じる新会社の誕生
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
猛追のペイペイ、楽天経済圏に迫る「首位陥落」の現実味
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
ホンダディーラー「2000店維持」が簡単でない事情
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT
有料法人プランのご案内