有料会員限定

米国ルポ(下)社会の分断はもはや「内戦前夜」だ 左派と右派の争いで見過ごされているのは何か

✎ 1〜 ✎ 4 ✎ 5 ✎ 6 ✎ 最新
拡大
縮小

2045年にはアメリカで非白人が白人の人口を上回り、白人はマイノリティになる。そのとき、アメリカに何が起こるのか。

リベラルな街として知られるペンシルベニア州のフィラデルフィア。その市街地では、LGBTコミュニティの多様性を表し、その社会運動を象徴するレインボーの旗が多く掲げられていた(写真:記者撮影)

特集「ルポ アメリカ 深まる分断」の他の記事を読む

11月8日に中間選挙の投開票を迎えるアメリカ。連邦議会の議員選挙や州知事などが選出されるこの選挙は、2024年に行われる大統領選の行方を左右する。
毎回中間選挙は、そのときの大統領が属する政党に不利な傾向があるため、今回は民主党が下院で多数派を割り上院と下院でねじれ現象が起きるとも言われている。そうなれば、2023年以降のアメリカの内政は停滞が予想される。
有権者たちは今、アメリカの政治にどのような期待と不安を抱いているのか。9月上旬から約2週間、記者は現地を歩いてその声を聞いた。その下編をお届けする。
※上編はこちら:米国ルポ(上)ゲームと化す「人種差別問題」の絶望
※⑦〜⑩のキーワード解説はこちら

増幅する互いの「憎悪感情」

一向に埋まる兆しのない保守とリベラルの溝。アメリカの分断がここにきてますます深まっていることは、データでも裏付けられる。

反対政党を「極めて好ましくない」と捉える共和党の支持者の割合は1994年に21%だったのが2022年に62%まで上昇。民主党の支持者では1994年に17%だった割合が2022年には54%に上昇した。

次ページ妊娠中絶を巡り火花
関連記事
トピックボードAD
連載一覧
連載一覧はこちら
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT
有料会員登録のご案内