発売から3年経過、トヨタ「RAV4」一部改良の理由 PHVを「Z」として統合、グレード再編の意図は?

✎ 1〜 ✎ 111 ✎ 112 ✎ 113 ✎ 最新
拡大
縮小
RAV4 Adventure
2022年10月4日に一部改良を実施したRAV4。写真は、Adventureグレードのハイブリッド車となる(写真:トヨタ自動車)

トヨタのミドルサイズSUV「RAV4(ラブフォー)」の一部改良モデルが、2022年10月4日に発売された。2019年4月10日の発売以来、つねにSUVカテゴリーの新車販売台数で上位を占める人気モデルだが、その人気を支えているのが、「本格的オフロード車」を全面に出したスタイルや高い悪路走破性だ。

近年主流といえる、都会的で流麗なフォルムを持つクロスオーバーSUVとは一線を画すタフなイメージの外観。また、とくにガソリン車の4WD仕様は、走行性能においてもオフロード走行で高い効果を発揮する数々の装備が採用されていることで、トヨタ某販売店によれば、同モデルのハイブリッド車よりも「売れ筋」なのだという。そんなRAV4の最新モデルでは、オフロードイメージをより強化した特別仕様車「Adventure“OFFROAD package Ⅱ”」を設定。また、メーターをより大型化するなどで使い勝手を向上したほか、それまで別モデル扱いだったプラグインハイブリッド車「RAV4 PHV」をRAV4のグレード内に組み込むといったグレードの再編も行われた。

ここでは、そうしたアップデートにより、同モデルの商品性がいかに向上したかを含め、発売3年を経過した今でも高い人気を誇るRAV4の魅力に、あらためて迫ってみたい。

RAV4の歴代モデルを振り返る

初代RAV4
1994年にデビューした初代RAV4(写真:トヨタ自動車)

RAV4の初代モデルは、1994年5月に発売された。初代RAV4は、5ナンバーサイズの小柄なボディを持ち、現在人気が高いコンパクトSUVの先駆者といえる。ボディサイズは、全長3695mm×全幅1695mm×全高1655mmで、3ドアのみを設定。最高出力135psを発揮する2.0L・4気筒エンジンを搭載し、前輪駆動ベースのフルタイム4WDを採用した。

次ページ2代目以降は大型化を進めたRAV4
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT