日本車なのに日本じゃ買えないSUV&トラック7選 マツダの日本未発売ピックアップに一目惚れ!

拡大
縮小
バンコクオートサロンの会場内。自動車メーカーブースはもちろん、カスタマイズカー&チューニングカーもピックアップトラックが多かった(筆者撮影)
この記事の画像を見る(90枚)

日本の自動車メーカーが開発・製造しているのに、日本で正規販売されていない「日本未発売モデル」というものをご存じだろうか。アメリカやヨーロッパ、新興国向けに開発されたモデル、またモデルチェンジで海外専売になったモデルなど、その理由はさまざまだが、意外に日本未発売モデルというものは多い。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そこで今回は、6月29日~7月3日にタイ・バンコク近郊にあるインパクト・チャレンジャーホールで開催された「バンコク・インターナショナル・オートサロン2022(以下、バンコクオートサロン)」で見つけた、日本未発売の日本車たちを紹介しよう。ちなみにバンコクオートサロンは、東南アジア最大級のカスタマイズカーショーだが、改造車だけではなく、日本の自動車メーカーも数多く参加していた。

旅行でも人気の国、東南アジアのタイだが、じつは日本企業が多く進出しており、街中には日本車があふれている。さらに独自の自動車文化もあり、日本未発売モデルが非常に多い国のひとつ。その特徴のひとつがピックアップトラックとPPVと呼ばれるSUVだ。そこで今回は、ピックアップトラックとSUVに絞って気になったクルマを紹介していく。

筆者イチ押し、マツダのピックアップ「BT-50」

マツダBT-50
会場内のピックアップトラックで、筆者が個人的に気に入ったのがマツダのBT-50。写真は、ハイリフト・キャブ付き2ドアピックアップのBT-50 1.9S HI-RACERというモデルで、価格は現地価格で78万7000バーツ。日本円換算で301万61円になる(筆者撮影)

日本では、絶滅危惧種となっているピックアップトラック。現在、日本国内で正規に買えるピックアップトラックは、トヨタ「ハイラックス」のみという状況だ。しかし、世界に目を向けると非常の多くのモデルが存在する。例えば、トヨタが北米向けに販売している「タンドラ」や「タコマ」、日産の「タイタン」や「フロンティア」、そしてタイで生産されている三菱「トライトン」やいすゞ「D-MAX」などだ。

タイでは、ピックアップトラックの人気が高く、日本では見かけないモデルも多数展示されていた。その中でも個人的に「カッコいい!」と唸ったのがマツダの「BT-50」だ。あまりトラックのイメージがないマツダだが、歴史を遡れば、3輪トラックからはじまり、1958年に短いボンネットを持つキャブオーバー型の1トン積みトラック「ロンパー」を発売。その後、車名を変更して「D1100」「D1500」「D2000」「E2000」と進化し、「プロシード」や「タイタン」の展開にいたる。意外にもピックアップトラックとマツダは深い関係があるのだ。

次ページピックアップ文化が根付いたタイのクルマ事情
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT